教育経営コース

養成する教員像

生き生きとした子どもの学びや教師の活動を実現する学校を自ら企画・運営していくことのできる「学校において指導的な役割を果たす教員」を養成します。

募集対象

【注】応募条件は、幼・小・中・高の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は一種免許状を有する者であって、10年以上の教職経験を有するか又はそれに準ずる社会経験を有すると認められる者です。詳細は募集要項で確認してください。

本コースの名称である「教育経営」は、校長・教頭や指導主事によって担われるものだけではなく、教務主任や生徒指導主事をはじめとする中核的中堅教員(ミドルリーダー)によって担われる公教育経営全体を視野に入れた学校経営等を指すものです。
このような視点から、本コースでは、教員の能力・関心に応じた二つの内容領域を想定して、リーダーに求められる資質能力の向上を図ることを目指しています。
本コースでは、教育課程・教務、学年・組織運営という二つの領域を想定していますが、コースの運営に際しては、その二つを区分することなく、大学院生が自由に履修できるようにしており、幅広いリーダー的資質の育成を目指します。

教育課程・教務領域

教育課程・教務領域で養成するリーダーの職能とは、教育課程の編成と実務に関する校務を円滑に行うために必要とされる資質、すなわち、協働能力・企画能力・運営能力・指導助言能力を意味します。従って、題材となる問題の探究に際しては、学校運営全体を視野に入れ、教育課程や教科に関する専門職集団による協働を形成するための優れたリーダーシップに加え、地域に根ざした学校としての取組に係る様々な実践的企画能力を育成することを目指します。

学年・組織運営領域

学年・組織運営領域で養成するリーダーの職能とは、生徒指導・人権教育・危機管理等に関する総合的な資質を意味します。従って、題材となる問題の探究に際しては、学校運営全体を視野に入れつつも、法律や基準に基づいた管理にとどまるのではなく、信頼される学校づくりを支える生徒指導・人権教育・危機管理等の実践的ビジョンを立案し、それを戦略的に実現していくための構想力や企画力、組織マネジメント能力、危機管理能力などの経営的な専門職的力量を育成することを目指します。

入試方法

入学者の選抜は、口述試験により行います。口述試験では、教育課程・教務領域及び学年・組織運営領域に関する知識についても試問します。

標準修業年限

2年(1年制プログラムは1年、長期履修学生は3年)

取得できる学位

取得できる教員免許状

(専修免許状を取得するためには、当該校種の一種免許状を取得していることが必要です。)

教職大学院について

PAGETOP