教職大学院における「教育職員免許状の取得」について

教職大学院では、所有している教育職員免許状に加え、教育職員免許取得プログラムにより下図の校種・教科の免許状を取得できます。

教育職員免許取得プログラムとは、以下のとおりです。

長期履修学生制度(大学院の通常の標準修業年限2年を超えて3年間にわたり計画的に教育課程を履修することを認める制度)に基づき、3年間で大学院の教育課程と本学学校教育学部の教員養成カリキュラムを履修し、単位を修得することにより、教育職員一種免許状取得の所要資格を得ることができます。本プログラムを申請した方で、大学院の入学試験に合格し、併せて本プログラムの受講を許可された方が受講できます。

1年間に授業科目を履修登録できる単位数には上限があります。1年次は44単位、2年次は42単位、3年次は40単位です。授業料は、通常の学生の2年分を3年間で分割納付することになります。

教員免許取得の要件を充足し、教職大学院の修了要件を満たすことが見込まれる場合は、アドバイザーの了承を得て、受講取消を申請することができます。受講取消が許可となった場合は、教職大学院を2年間で修了することができます。

本プログラムで取得する免許状に必要な単位数は下表のとおりです。ただし、下表の単位数は、卒業学部の既修得単位、複数免許を取得する際の教科・履修方法等により異なる場合があります。

取得する免許状 所有する免許状
小一種 中一種 高一種 幼一種
小学校教諭一種 53 53 53
中学校教諭一種 49 (他教科)32以上
(他教科)28(注1)
49 49
高等学校教諭一種 53(注2) 53(注2) (他教科)38以上
(他教科)24(注2)
53(注2)
幼稚園教諭一種 43 59 59

(注1)教育委員会が実施する教育職員検定による場合 (注2)地歴・公民・情報は+2

なお、既に中学校や高等学校の免許を持っている方が、既に持っている教科とは別の教科の免許を取る場合は、中学校は28単位、高等学校は24単位で免許を取得できます。

この場合は、教育職員免許取得プログラムではなく科目等履修生制度により免許を取得することが可能です。(個人での免許申請になります。)

修了生からのメッセージ

富山県入善町立飯野小学校 教諭  中村 愛実

私が教職大学院に進学したのは、理学部出身で数学教師の職能を高めようとしたからです。しかし、教職大学院特有の科目である学校支援フィールドワークで素敵な先生方と出会い、子供達の素晴らしい姿を目の当たりにし、小学校教諭を目指すことを心に決めました。教職大学院の勉強と小学校免許取得のための勉強を同時にこなすのは大変でしたが、計画的に履修を進め、研究室の仲間に支えられて免許を取得することができました。今は小学校の先生として、毎日充実しています。悩むことや苦しいこともありますが、子供達のことを思い出して元気になったり、先生方とメールをしたりしてアドバイスをもらったりしています。上越教育大学教職大学院での経験は、私に夢を与えてくれただけではなく、今も支えとなってくれています。

進学・入試情報

PAGETOP