教員採用試験への推薦(大学推薦制度)のお知らせ

特に教職大学院に対して、教員採用試験大学推薦制度が充実してきました。この推薦制度を受けると、1次試験免除などの優遇措置が受けられます。

平成27年実施の教員採用試験に関してまとめたものが下の表ですが、教職大学院は学部や既存の修士課程に比べて、大学推薦が受けやすくなっています。

教職大学院のみに大学推薦制度を設けたり、推薦枠の拡充を図ったりするなど、教職大学院の修了予定者を優遇する教育委員会もあります。また、神奈川県のように学部・修士課程と教職大学院の両方に推薦枠を設けている教育委員会もあります。

しかし、学部・修士課程と教職大学院を比較すれば、在籍者数が少ない教職大学院で推薦枠に選ばれる割合の方が高くなります。しかも、上越教育大学の場合、教職大学院の修了予定者の多くは現職院生ですので、これから教員採用試験を受けようとする学卒院生の修了予定者が推薦される可能性は非常に高くなる訳です。

さらに、教職大学院に対する推薦制度が現在増加傾向にあることも有利に働くでしょう。

平成27年度実施公立学校教員採用試験における大学推薦実施一覧

対象 実施機関 募集校種等 推薦人数 1次選考の対応 2次選考の対応
教職大学院のみ 東京都 小学校全科 1名 書類選考により第1次選考免除が決定 個人面接・実技
神奈川県 全校種等・教科 人数枠なし 書類選考により第1次選考免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
横浜市 小学校 各1名 書類選考により第1次選考試験の教科専門試験及び一般教養・教職専門試験免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
中学校・高等学校(数)
中学校・高等学校(理)
中学校・高等学校(英)
相模原市 小学校 人数枠なし 書類選考により第1次試験のうち教科専門試験及び一般教養・教職専門試験免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
中学校(国・社・数・理・音・美・保体・技・家・英)
養護教諭
愛知県 全校種等 人数枠なし 書類選考により第1次試験免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
京都府 小学校 校種・教科ごとに2名 書類選考により第1次試験のうち筆記試験免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
中学校(数・理)
高等学校(数・理)
特別支援学校
京都市 小学校(英語教育推進コースを含む)、中学校(数・理・技)、総合支援学校 2名(中、支援、小英語コースを推薦の場合は1名加算) 書類選考により第1次試験免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
大阪市 中学校(数・理・技) 各教科各2名 書類選考により第1次選考免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
大阪府豊能地区 小学校 1名 書類選考により第1次試験の筆答試験免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
教職大学院を含む全学 埼玉県 小学校 4名 第1次試験が免除 一般受験者と同じ日程・内容
中学校(理・技) 各教科・科目各1名
高等学校(数・理)
さいたま市 小学校 1名 第1次試験が免除 一般受験者と同じ日程・内容
東京都 小学校全科 各1名 書類選考により第1次選考免除が決定 個人面接・実技
小学校全科(理科コース)
特別支援学校(小学部)
特別支援学校(小学部以外)
特別支援学校(小学部、小学部以外)
神奈川県 小学校 4名 書類選考により第1次選考免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
理科、英語に優れた力量をもつ小学校教員 人数枠なし
中学校英語 1名
全校種等・教科 ※障害者 1名
横浜市 小学校 各1名 書類選考により第1次選考試験の教科専門試験及び一般教養・教職専門試験免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
中学校・高等学校(数)
中学校・高等学校(理)
中学校・高等学校(英)
小学校(英語に関する一定の級・スコアを有する者)
川崎市 小学校 1名 書類選考により第1次選考免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容【ただし、第1次試験日に小論文Bを受験(第2次試験扱い)】
中学校(数・理・英) 各教科各1名
小学校 ※CST認定者 1名
中学校(数・理・英)※CST認定者 各教科各1名
小学校 ※身体障害者 1名
中学校(数・理・英)※身体障害者 各教科各1名
長野県 小学校・中学校(全教科) 1名 書類審査及び筆記試験(専門教科) 一般受験者(社会人枠)と同じ日程・内容
特別支援学校 1名
身体に障がいのある人(小学校,中学校,特別支援学校,養護教諭) 特に定めない 書類審査 一般受験者(社会人枠)と同じ日程・内容
大阪府 小学校 対象毎に2名 書類選考により第1次選考免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容
小中いきいき連携 対象毎に1名
中学校・中学部(国・数・理・技・家) 対象毎に各教科1名
高等学校・高等部(国・数・理〔物・化・生・地〕・工〔機・電・工化〕 対象毎に各教科1名(ただし工業は各科目1名)
特別支援学校 対象毎に5名
堺市 小学校・特別支援学校小学部 1名 選考方法が専門教養,面接,(実技)となる(1次2次の区別なし)
中学校・特別支援学校中学部(国・美・保体) 教科ごとに1名
中学校・特別支援学校中学部(数・理・技) 教科ごとに2名
神戸市 中学校・高等学校(数・理・技) 教科ごとに2名 書類選考により第1次選考免除が決定 一般受験者と同じ日程・内容

注)この一覧は、平成27年実施の教員採用試験の募集要項に基づいた平成27年7月末現在の情報です。

進学・入試情報

PAGETOP