院生からのメッセージ

教育経営コース 1年制プログラム

鮫島 純二(現職院生・小学校教諭・鹿児島県派遣)

 教員歴20年を過ぎ,学校の中堅として,主任等の校務に当たってきましたがまだ学校全体を見渡して経営に参画するという自覚は少なかったように思います。また,多忙や頻発する諸問題を背景に先生方が疲れ切り,元気を失っていく現状もありました。そのような中,学校や地域・県全体の教育に自分が果たす役割を鑑みた時,閉塞し沈滞した雰囲気を打破し,教師が意欲と希望をもって働ける環境づくりに貢献したいと考えるに至り,本大学教職大学院の門戸を叩きました。  そのような問題意識があったので,私の個人研究はまず組織活性化や学校評価活用等に目が向いていたのですが,より教師個人に焦点を当て,教師がやる気,やりがい,自己効力感もてるようにするための学校づくりを目指しました。具体的には教師のエンパワーメントが促進される職場環境構成についてです。入学後,文献や論文を渉猟しはじめ,アンケートを実施して分析を行い,それを紀要論文にまとめました。また,後期には学校支援プロジェクトの支援校に入りながら,併せて個人研究もさせていただきました。成員間の働きかけ,つまり管理職を含めた同僚性が大きく関わっていることが明らかになりました。
 在学中は多様な学びができました。講義や演習では,学校現場では知ることもなかったこと,何気なくやっていたことに対する理論の裏付けを理解することができました。また,文科省の方々や学外の著名な研究者や実践家の講義や対話の機会を得ることができ,大変刺激を受けました。さらに,上越の地の利を活かして,新潟県内外での学会や公開研究会,自主研修会に積極的に参加して最先端の研究動向に触れたり,数多くの人脈を築いたりすることもできました。間違いなく私や,郷里鹿児島の教師仲間の財産になるものと思います。 学長に「学長推薦で留年させてもらえませんか。」と冗談で,半分本気で尋ねたことがありました。それだけ1年制は時間が短いと感じられました。しかし,短いながらも自分から求めて人や書物,そして自分と対話することができたことで,本学に入学する前と確実に違った,教育という営みを広く深く見ている自分がいることを実感しています。

千原 美幸(現職院生・小学校教諭・新潟県派遣)

 私は、今年度から新設されたこのコースで、1年間、学びを深めました。現場で研究主任や学年主任等を務めることも多くなり、自分の学級を見るだけでなく、学校全体を見ることの大切さ、面白さを感じるようになり、どのようにしたら学校全体を動かしていけるようになるのだろうか、大学院での学びはそれに応えてくれるのではないか、と考えるようになりました。
 経営コースの授業では、教育経営の理論や演習を通して、校種や地域、年齢の枠を超えた仲間と、教育行政や教育財政等、様々な内容について議論する機会をもつことができました。この中で、日本の教育動向を捉え、教育全体の中で物事を考える必要性に気付かされ、自分の学校をよくするための手法ばかりを学ぼうとしていた自分を反省しました。現場では考えたことのない内容に戸惑いを感じることもありましたが、教育に携わる教員として公教育経営という視点を得ることができました。
 また、学校支援プロジェクトにおいては、学校の要請に応じて支援内容や方法をチームとして考えると同時に、自分自身の研究テーマにもじっくりと取り組む機会を得ることができました。校内研修の在り方をテーマとしていた私は、研究主任や担任という立場では気付かなかった学校組織の仕組みを見出すことができました。中でも、学校のそれぞれの取組は、独立した営みのように見えながら、実は様々な仕組みと関係して成り立っていること、もちろん校内研修もその一つであることを見出し、学校の実質的な教育改革を推進する手がかりを得たことは1番の成果だと思います。また、常に「問い」をもち、それを解き明かすために見つめていくという研究姿勢も体得できました。
 私の大学院での学びは、1年という短い期間ではありましたが、学校を俯瞰的に見つめ直す絶好の機会になったと考えています。少子高齢化社会、情報化社会の中で、学校に求められているものは時代とともに確実に変化しています。その中で子どもたちに求められている「真の学力」を保障し、地域とともに歩んでいく学校をつくることに貢献できるよう、大学院での学びを最大限に生かしていきたいと思っています。

学校運営リーダーコース(現 教育経営コース)

小宮山 めぐみ(現職院生・小学校教諭・新潟県派遣)

 気付けば、教員になって早20年、主任として仕事する機会が増える中で、「自分は子どもたちの笑顔のために、学校の出力を上げるために、どれだけのことができているのだろうか」「今まで経験や感覚に頼ってきた実践の多くは、何の根拠もなく行ってきたのではないか」など、少しずつ疑問や不安を抱くようになってきました。そして、残り20年程の教員生活において、「学校教育における諸問題を組織的に解決できる力量を付けたい」という思いが強くなり、その思いを叶えるために上越教育大学教職大学院で学ぶことを決意しました。同じ県内でも、居住地から大学院までは片道約2時間、家庭と学びとの両立は大変でしたが、家族の支えもあり、「大学院での学びを、少しでも自分が所属する市の教育に還元していきたい」「子育てしながらでも学べるという女性教員のモデルになってみたい」という気持ちを原動力としながら、通い続けることができました。入学直後、ゼミのアドバイザーから「せっかくここにいる2年間の間に、上越や他県での実践からたくさん学び、多くの宝物を得て、それを抱えて地元に帰りなさい。」とおっしゃっていただいたことも励みになりました。先進的な知見や理論を学んでいる時には、学校現場で実践してきた具体的な場面が想起される瞬間がありました。一方、学校支援プロジェクトにおいて、支援校で起こっている現実の学校課題解決に向けて実践していく時には「そういうことだったのか」と理論が想起される瞬間があるなど、「理論と実践の往還」を経験することができました。また、年齢や地域、専門分野が違う様々なキャリアを積まれた方々と熱く議論する中で、多くの視点や、新しい視野を得ることもできました。そして、学校現場を俯瞰的に眺め、目に見える現象だけでなく、その背景や、物事の本質を見ようとする習慣がつきました。このように入学当初、自分が想像していた以上に、今は、たくさんの宝物を手にすることができたと実感しています。これからも「自分は未熟である」という謙虚さを忘れることなく、社会の急速な進展の中で、教育に関する様々な情報にアンテナをはり、必要な知識・技能を絶え間なく刷新しながら教員生活全体を通じて学び続けていきたいと思います。

教育経営コース

飯村 寧史(現職院生・小学校教諭・宮城県派遣)

<本学の一番の魅力は「多様性」>
 様々な専門分野の教授、全国から派遣されスペシャリストを目指す現職院生、そして可能性あふれる学卒院生や学部生が入り混じり、学究に励んでいます。授業で行われるグループワークや各研究室のゼミではこうした多様性に富んだメンバーで協働しています。優れた実践や研究に触れること、他県の実情を知ること、学卒院生や学部生との対話から自分の教育観を見直すことなど、発見の毎日です。
<理論と実践の往還を目指して>
 私は教育経営コースに所属していますが、一年目は臨床的な研究を中心に行ってきました。アクティブ・ラーニングとは何か、ということを追究したかったからです。大学で学んだ理論を基に、自分の研究テーマを持って学校支援フィールドワークの場で実践してみると、生き生きとした子どもの姿を見ることができました。学んだことをあえて現任校でないところで実践できるのが本学のプログラムの魅力の一つだと思います。うまくいかないこともありましたが、自分のフィールドに固執せずに教育現場を経験することができ、視野が広がりました。また、この研究をまとめ、学会で発表できたのは大きな収穫でした。今後、さらに洗練し、論文として投稿するところまで視野に入れています。
<今後、自分が進む道>
 上述の臨床的な研究を更に進めることも考えましたが、2年次は経営的な研究を計画しています。1年次の体験から、学校を変えるには実践を支える経営が機能しなければならない、と痛感したからです。所属する研究室が連携している県外の行政区の教育長や指導主事と交流し、そのリーダーシップの下で教育改革を行っている現場を訪れたことが大きな契機となりました。教育経営が機能すれば教育はもっと変わる、その可能性を見ることができました。他機関との連携が数多く、それを見聞できるのも本学の強みだと思います。
 今後、自分が現場に戻ってどのような立場に立つにせよ、臨床的な見方と経営的な見方の両方ができる教員として歩んでいきたいと考えています。そして、学校現場でこそ理論と実践の往還、多様な人との協働を実現していきたいと思います。

教育実践リーダーコース(現 教育臨床コース)

渡部 智和(現職院生・中学校教諭・新潟市派遣)

 本学に入学するまでの16年間,中学校で教科指導,部活動,生徒指導に自分なりに精一杯取り組んできました。30代半ばを過ぎると,校内で責任ある立場になることも増えました。自分の目の前の生徒に必死に対応していた頃と比べて,学校全体を俯瞰して見ることが多くなりました。同時にこれまでの自分の実践を客観的に振り返りたいと強く思うようになりました。そこで,自分自身の取組を省察し,子供たちに,そして社会に真に貢献できる教師に成長するために本学への入学を決意しました。本学は,グループワーク,学校支援プロジェクト等,現職,学卒関係なく協働して課題解決に取り組むのが大きな特徴です。私は,この協働を土台に個人の学びを深めていける環境が他に類を見ない本学のよさだと感じています。加えて,2年間を通して感じたのは,この環境を活用して学びを広げるのは他でもなく自分自身に任されているということです。良くも悪くも自分次第ということです。例えば,学校支援プロジェクトにおいて,生徒の関係性を良くしてほしいという課題の提示がありました。これまでの教職経験から即座に「こうしたらいいのでは」というアドバイスをすることは可能です。しかし,支援校はこのようなアドバイスを求めていませんでした。冷静に考えれば,私達のアドバイスが生徒の実態に適しているかどうかも分かりません。大切なのは,アドバイスをすることではなく職員とともに課題解決に取り組む姿勢だったのです。この気付きを得てから,これまでの教職経験を一度脇に置いておこうと決めました。そして,様々な先行研究を調べ,研究室の仲間や支援校の職員と議論しました。結果として,今まで知らなかった理論や実践に出会い,議論を通して自分自身の考えが磨かれていく経験を数多くすることができました。そして,入学前に目標としていた自分自身の取組を省察し,現場に活かせる知見を得ることもできました。このように,本学は,多くの仲間と磨き合える場があります。そして,求めれば学びは無限に広がる場です。この素晴らしい学びの環境の中で,多くの仲間と共に学びを楽しんでほしいと心から願っています。

教育臨床コース

黒田 麻友美(現職院生・中学校教諭・大学院修学休養制度利用・北海道)

 5年前に大学を卒業し,中学校教員としてのスタートを切ってからの毎日は,まさに怒涛の日々でした。ガムシャラに生徒と向き合い,日付が変わるまで教材研究,週末は部活に明け暮れ…。大変ではありましたが,充実した時間でもありました。ただ,そんな毎日を送る中で,〝自分は年々,井の中の蛙になっていっているのでは…“という危機感を感じていました。また,毎日猛スピードで走り続け,学級での出来事や自らの実践をふり返る時間すらないような状態にも疑問を抱き始めていました。そして,次第に「一度立ち止まり,視野を広げたい」という思いが強くなっていきました。
 色々と調べた先に辿り着いたのが,現在私が利用している「大学院修学休業制度」です。この制度では,3年以上の現場経験があれば,私のような若手でも教員の身分を有したまま進学することが可能になります。各都道府県教育委員会による「現職教員派遣制度」もありますが,募集人数がわずかな場合も少なくありません。その多くは,ベテランの先生方で埋まってしまうのが実情です。いつの日か派遣の枠を勝ち取るまで現場で走り続けるべきか…とも考えましたが,「多くの迷いを感じている今学んでこそ,大きく成長できるはず」と思い,休業制度を利用しての進学を決断しました。この制度は派遣制度と異なり,休業中は無給になります。金銭的には厳しいですが,上教大の大学院には休業制度利用者の授業料が免除になる制度があります。充実したカリキュラムや個性豊かな教授陣,全国から集まる幅広い年代の仲間など,本学教職大学院の魅力は様々ありますが,この授業料免除制度も,若手教員で進学を考えている方の背中を押してくれるのではないかと思います。
20代の現職教員で,進学という選択をする方は少ないかもしれません。しかし,私は「今がベストタイミングだった」と感じています。学校現場のことを,知り過ぎても知らな過ぎてもいない,「教師」という仕事を見つめ直すには絶妙な時期だと思います。多くの出会いと学びを通し,教師としても1人の人間としても,豊かに成長して現場に戻りたいと思います。

吉崎 蕗子(学卒院生・帯広畜産大学畜産学部卒・宮崎県高校畜産合格・名簿登載期間延長)

牛に関わる仕事をしたいと考え、高校・大学の学部では農業について広く学びました。大学の教育実習で、生き生きと家畜の世話をする農業高校生や、生徒の学びを支えようと熱意を持って指導する先生方に出会いました。私も教員として、農業の諸課題や、農場で起きている問題について、生徒とともに悩み、探究できる授業をデザインしたいと考え、教員を目指すようになりました。そのために、農業分野だけでなく、授業づくりや生徒指導といった教育分野についてもさらに勉強したいと考え、本学教職大学院に進学しました。
 大学院での生活は、驚きと発見の連続です。中でも、アドバイザーを同じくする院生でチームを組み、連携協力校の先生とともに生活科や総合的な学習の時間の単元開発・授業づくりなどを行った学校支援プロジェクトでは、毎日新しいことを学びました。子どもたちが自ら目的を持って活動し、他者と交流しながら学びを深めていく姿は、とても新鮮で、鳥肌が立つような感動を覚えます。また、チームや先生方と協働的に実践や省察を繰り返す中で、常に「教壇に立った自分」を意識しながら実践のイメージを蓄えることができます。このような学校支援プロジェクトを中核としたカリキュラムは、他の大学院にはない大きな魅力だと感じています。また、学会や研究会等に参加する機会も多く、実践の土台となる理論についても深く学ぶことができます。
 私は、大学院生活の残り一年間、名簿登載期間延長者として、教壇に立つ準備をします。現在は、上越市内の小学5年生が肉豚の飼育・出荷・試食を行う総合的な学習の時間の教育的効果について分析する個人研究に取り組み、学会発表を目指しています。他にも、研究会で多くの授業を参観したり、書籍や論文を読んだり、様々な人と対話したりする中で、授業をデザインする力、生徒の学びを見取ることのできる力を身に付けたいと考えています。
 本学教職大学院は、自分の意欲次第で様々なことに挑戦できます。また、多様な仲間との対話を通して、常に自分の授業観や子ども観を更新していくことができる場です。高い目標を持ち、学びを深めることで自分の成長につなげていきたいです。

若田 翔暉(学卒院生・富山国際大学子ども育成学部卒・富山県小学校合格・名簿登載期間延長)

<より高い専門性を目指して>
 私は、大学院進学者における「教員採用候補者名簿登載期間延長制度」を利用し本大学院に進学しました。その理由に、すぐに現場に出るのではなく、本学で学校教育についての知識や理解を深め実践を積むことで、より高い専門性を身に付けることができると考えたからです。教職大学院での学びは日々新しい発見があり、これまでの教育観を見つめ直すきっかけになっています。また、大学院の授業と並行し科目等履修制度を利用しており、中学校理科の免許取得を目指しています。
<「協働」の大切さ>
 本大学院での一番の魅力は、現職院生と学卒院生が共に学び合う環境にあります。授業でのグループワークや研究室でのゼミ、学校支援プロジェクトなど、すべての場面において協働する機会があります。特に、学部時代の教育実習やインターンシップでしか現場経験のない私にとって、現職院生と支援チームを組む学校支援プロジェクトでの学びは貴重な経験となっています。時には頼れる先輩として、時には何でも相談できる仲間として、連携協力校の様々な学校課題解決に向けて協議を重ねることで、協働の大切さを日々実感しています。なかなか思い通りにはいかないことはありますが、助言を得ながら改善していくことができ、学卒院生にとって現職院生の存在はとてもありがたいと思える実習になっています。
<今後の展望>
 この1年間たくさんの経験をする中で、広い視野で物事を見ることの大切さを学びました。残りの1年間でさらに学びを深め、自分の成長へと繋げていきたいと考えています。また、理論と実践の往還を目指し、本学で学んだことを地元富山に帰った際には学校現場に還元できるよう「自分にできることは何か」という目的意識を持ち、日々学び続ける教員になりたいと思います。

修了生・院生

PAGETOP