学校支援プロジェクト(選択科目+実習科目)

次に、「選択科目」と「実習科目」についてですが、まず、選択科目の学校支援プロジェクト科目(「学校支援リフレクション」と「学校支援プレゼンテーション」)と実習科目(「学校支援フィールドワーク」)について述べます。これらは下図に示すとおり、「学校支援プロジェクト」として互いに有機的に関連し合っています。

そして、これこそが、本学教職大学院の特色あるカリキュラムの目玉であり、「即応力」「臨床力」「協働力」を柱とする本学独自のプロフェッショナルな教員養成を実現する中核となるものです。

学校支援プロジェクトの概念図

学校の教育課題を解決する実習科目(「学校支援フィールドワーク」)

上越教育大学教職大学院の専任教員は多様なテーマのプロジェクトを設定しています。それらは連携協力校等の教育課題とリンクしたプロジェクトです。大学院生は、それらの中から1つのプロジェクトを選び、それを設定した専任教員の指導するチームに所属します。チーム毎に連携協力校等と事前の打ち合わせを行い、各人が「学校支援フィールドワーク」(実習科目)においてどのような活動をするかを計画します。学卒院生は専任教員や現職院生の指導・助言の下に具体的な指導案づくりを行います。実習科目は、連携協力校等や大学において随時、連携協力校等教職員・学卒院生・現職院生・専任教員が協議することにより、連携協力校等の教育課題の解決に向けた計画を改善します。さらに、実習後は、実習における諸活動を省察・評価します。このような一連の活動を「学校支援リフレクション科目」として位置づけました。

「学校支援フィールドワーク」と「学校支援リフレクション」の成果を整理し、連携協力校等において発表することによって、連携協力校等に実習の成果を還元します。その一連の活動を「学校支援プレゼンテーション科目」として位置づけました。

すなわち、「学校支援フィールドワーク」、「学校支援リフレクション」、「学校支援プレゼンテーション」によって、実践・省察・還元という一連の活動を実現します。これを「学校支援プロジェクト」と呼び、本学教職大学院のカリキュラムの中核として位置づけています。

「学校支援プロジェクト」を円滑に行うために、指導主事経験者や校長経験者等の特任教員を実習コーディネーターとして位置づけ、下図に示すように実習生を指導する体制を整えました。

学校支援プロジェクトにおける実習生指導体制

学部での実習との相違

学部で行われる実習科目は、「授業」を中心とした実習です。しかし、学校教育は子どもの知育・徳育・体育などの全人的な成長を目指しています。「授業」はその目標を達成するための大事な部分ではありますが、「授業」だけで学校が成り立っている訳ではありません。例えば、教師は実に様々な分掌を担当しており、多くの事務処理を行っています。さらに、「授業」も授業時間内に完結されるわけではなく、放課後の指導が必要な場合もあります。教師というのは、そのようなトータルな課題解決の中で成長します。

学卒院生の教職大学院における実習科目は、学部における実習科目とは、当然、内容が異なります。連携協力校等では、ただ「授業」をさせてもらうだけではなく、その学校のメンバーになり、その学校の教育課題の解決に参画します。そのため、本学教職大学院の入学資格に、既に実習科目を終え、教員免許状を取得していること(取得見込を含む)を求めているのです。

学卒院生の実習と現職院生の実習との相違

教職経験の豊富な現職教員の実習は、学卒院生の実習科目とは異なります。現職教員の実習科目においても、多くの場合、学卒院生と現職院生が支援チームを組み、実習を行いますが、現職院生は、支援チームにおいて指導的な役割を果たすことが期待されています。したがって、現職院生によって行われる授業は、学卒院生の実習科目をレベルアップさせるための「示範授業」の意味を持つことにもなります。また、支援チームの重要な一員として、連携協力校等の様々な課題解決に学卒院生と共に参画します。このことは、学校現場で若手教員を育てる過程そのものでもあります。現職院生は、連携協力校等の教員と協働し、その学校の教育課題を解決する過程を通して、現任校における教育課題の解決を今までとは違った視点で追究することができます。しかも、通常勤務の時より余裕を持って行うことができます。一方、学卒院生も現職院生と協働して、学校における様々な教育課題の解決に参画することができます。学卒院生も余裕を持って、先輩の現職教員と、学校課題の解決を通して協働するという経験をすることができるわけです。

このように、上越教育大学教職大学院における実習科目「学校支援フィールドワーク」は、現実の「学校を支援する」中で、連携協力校等、学卒院生、現職院生、教職大学院教員の協働の場として位置づけられているのです。したがって、連携協力校等にとっては実習生が来てくれて助かったと思える実習、現職院生にとっては学卒院生の存在がありがたいと思える実習、学卒院生にとっては現職院生の存在がありがたいと思える実習、その全てが成り立つ実習でなければなりません。

このような実習を成り立たせるためには、実習科目のかなり前から、連携協力校等(担当教員等)・実習生(現職院生、学卒院生)・教職大学院(実習担当教員、実習コーディネーター)の間で密接な実習準備の協働がなされる必要があります。また、実習中も実習後も3者の協働が必要です。選択科目に「学校支援リフレクション」と「学校支援プレゼンテーション」の2科目が用意されていますが、これらは実習前・実習中・実習後の協働を実現する場を提供するものです。この2科目は、「学校支援フィールドワーク」と一体になり、「学校支援プロジェクト」を形成するということは、既に述べてきたとおりです。

実習の時期及び計画

実習の時期

9月から12月を基本とします。学校支援プロジェクトのテーマや連携協力校等 の実態に応じ、1ヶ月以上連続して活動する場合《集中型》や週1~3日を数ヶ月 にわたって活動する場合《分散型》などが考えられます。

実習の計画
4月 オリエンテーション(学校支援プロジェクトの趣旨、運営方法の説明)
5月 関心のあるプロジェクトを選択する
6月 実習担当教員・支援チームを決定する
7月 支援チームごとに学校訪問し、実態や具体的課題を把握する
8月~9月 支援チームごとに学校との連絡調整をしながら、支援内容を打ち合わせる

下図は、《集中型》と《分散型》という2つの典型的な実習期間を想定し、「学校支援フィールドワーク」と「学校支援リフレクション」及び「学校支援プレゼンテーション」との関係、実習担当教員(専任教員)と教職大学院実習(実習生、実習校担当教員)及び実習コーディネーター(特任教員等)との関係を時系列に沿って図式化して示したものです。

学校支援フィールドワーク(集中型・分散型)

学校支援プロジェクトのテーマ例と概要

学級機能の向上をサポート

アドバイザー 赤坂 真二

小中学校を対象にして、学習における交流やコミュニケーション活動を中心にした協力体験によって、児童生徒の課題解決能力や社会性を伸ばす学級づくりを現場の先生方と共に実践してきました。学校生活の基盤である学級がうまく機能することで、学校生活の意欲や学力の向上が期待できます。協同的な学習による授業づくりと話し合い活動等による生活づくりによって、自ら学び向上する集団づくりに取り組んでいます。

算数・数学科の学習指導の改善に向けての支援

アドバイザー 岩﨑  浩

数学教育学研究を基盤として算数・数学科の学習指導の改善に向けての支援活動を行っています。例えば、小学校における校内授業研究の支援では、評価することが困難な「算数科における思考力」に焦点をあてて、その高まりを授業における子どもの具体的な姿から見取る視点を出前講義や提案授業を通して具体的に提案し、現場の先生方が目指されている授業をサポートしてきました。現在、松沢チームと協同で複数のチームを編成して支援プロジェクトを行っています。

幼保小連携による一貫性のある教育の実現 −接続期カリキュラムへの支援−

アドバイザー 木村 吉彦

小学校教育の今日的な課題である幼児教育(保育園も含む)との連携について、生活科を中心とした支援を行っています。幼児期から低学年児童期の発達段階を踏まえ、アプローチカリキュラムとスタートカリキュラム(=接続期カリキュラム)の実現と実施への支援を行っています。木村チームは、小学校の先生方のみならず、幼児教育の先生方ともかかわって、幼児・児童を育てています。

全ての教師が前向きになれる授業づくり

アドバイザー 桐生 徹

小中学校での授業づくりや授業検討会を通じて、教師の力量形成を目指します。その際、教師が児童や生徒の視点に立って、授業者の気持ちをくみ取るように協議して教師全員で共に作り上げていくことで、お互い成長し、より良い授業を作っていくという文化ができていきます。教師も子どもも学年の枠を取り払って、協働する事ができるような授業研究や授業討会を実施していきます。

学校課題の明確化と教職員の協働性確立に向けた支援

アドバイザー 近藤 誠

支援校とともに現状を考究し、学校課題を明確にすること、その解決に向けた手立てを探ること、教職員との協働による具体的な支援活動をとおして学生自身の知見と実践力を高度化することを基本としています。教育臨床コースの学生は授業実践の改善の視点を、教育経営コースの学生は学校運営の改善の視点を磨きながら、リフレクションでは両者を総合する方向での省察を進めていきます。

思考力を育てる「言語活動」の展開

アドバイザー 佐藤多佳子

言語活動を工夫することにより、子どもに学びの楽しさを実感させ、思考力を育て、活用可能な学力をつけることができると考えています。言語活動の充実は手段あって目的ではありません。言語活動をどうデザインするか、そして、子どもたちの学びの姿をどう分析するかを支援することを通して、子どもの思考と言語活動の関係を連携校と共に探究していきます。

指導技術の共有化と授業力の向上

アドバイザー 瀬戸 健

私たちが支援するのは、小学校です。特に、校内研修支援を重ねてきました。単元の導入から本時に至るまで、授業者の先生方と様々に話し合い、子供たちと一緒に歩みます。研究授業は、その先生が自分の最高の授業を目指して取り組まれます。だから、支援する側も真剣です。中途半端なアイデアや教材では使っていただけないからです。そんな真剣勝負を日々繰り返しながら、教師として、授業としての大切なところが見えてくると、大きな充実感を味わいます。

地域の状況に即した学校づくり

アドバイザー 辻野けんま

国の基準や地方の教育政策に従うだけの学校ではなく、子どもや地域の状況を捉え、自ら主体的に学校をつくろうとする努力を支援します。外部からの介入ではなく、学校がもともと有している底力を開花できるような活動を目指しています。フィールドワーク期間中は、学校の要望に応じて活動参加しつつ、広く学校内外から情報を集め、校づくりに有益な情報を提供できるよう目指します。

一人も見捨てない教育の実現

僻地の子どもの人間関係を多様化する全 校『学び合い』

アドバイザー 西川  純

本チームが最も大事にしているのは、「子どもも教師も一人も見捨てない」ことです。そのため、一人の教師が全てを背負うのではなく、同僚と子ども達と一緒になって、『学び合い』を実践し、学校教育の諸問題を解決します。協働で授業を経営することによって、教員の授業能力の向上とそれを支える研修体制の確立、教員同士の協働の確立による負担感の軽減を行います。

自立した人間として他者と共によりよく生きる基盤としての道徳性の育成

アドバイザー 早川 裕隆

昨年度は、教科化される道徳での「質の高い多様な指導方法」の授業力向上や、小・中合同道徳授業の実施を協働で行いました。道徳授業の方法に関する疑問や課題を整理しながら、互いに授業力を磨き合うことができ、子どもたちの価値の再構築の様子や授業内容に「深化(進化)」を認め合えました。

多言語多文化を認め合う教育

アドバイザー 原 瑞穂

現在、学校には生まれ育った国を離れて学齢期に日本の学校に編入する、また外国にルーツがあり日本で生まれ育つ等、多言語多文化の児童生徒が多く在籍しています。日本語習得や教科学習の不振、第一言語の喪失など深刻な課題を抱えています、学校では充分なカリキュラムも方向性も不在のまま対応を迫られてきました。また、外国語活動や国際理解教育等を通して学級全体が多言語多文化に対するマインドを深めることも肝要です。そこで、本チームでは学校と協働して多言語多文化を認め合う教育を探究します。

「汗支援」と「知恵支援」

アドバイザー 葊瀨 裕一

 「人格の完成を目指す」という教育の大目的を基軸に、「小中連携」「学校評価」「学年運営」など、様々なテーマで連携協力校の学校改善を支援してきました。先ず、授業補助や調査データ分析等を通して子供の実態と学校の課題を把握します(汗支援=当事者性)。それを踏まえて課題解決の方策を探り、チームで検討し、提案ます(知恵支援=専門性)。この支援プロセスを通して学生自身が学びを深めます。

社会学的調査研究にもとづく指導改善・学校改善

アドバイザー 堀 健志

学校は、一筋縄ではいかない矛盾や葛藤に満ちています。そうした現実をふまえながら、子どもの指導や組織経営のあり方を検討していきます。そのためには、学校で繰り広げられる日常を多面的・重層的に読み解くことが欠かせません。そこで、社会学的なアプローチを採用して、子ども・教員・保護者を対象とした質問紙調査や学力調査、聞き取り調査や観察調査といった社会調査法のいくつかを組み合わせて実施します。調査研究のテーマは、大学院生の問題関心に応じて多様に設定されることとなりますが、個人的には、沈黙を余儀なくされた声に耳を傾けること、その沈黙を強いる力学や仕組みに目を向けることで、学校教育が抱え込む矛盾や葛藤に対峙したいと思っています。

生活科・総合的な学習の時間の充実を目指した支援

アドバイザー 松井千鶴子

生活科と総合的な学習の時間の充実を目指し、担任の願いを実現するためのカリキュラムづくりと、アクションリサーチによる授業検討のサイクル化に取り組みました。子どもの思考を重視した課題設定や評価規準を意識した授業づくりなどにより、子どもの思考力や教師のカリキュラム・マネジメント力の高まりが見られました。

算数・数学科の学習指導改善の取組

アドバイザー 松沢 要一

岩﨑研究室との合同あるいは単独チームです。授業の観察や補助を通して、子どもたちの現状を把握します。どのような手立てが連携協力校に少しでも役立つかを探り、提案します。これまで、思考力・表現力を高めるために「問い返し」や「展開の工夫」に着目したチーム、生徒の振り返りシートを細分化しながら、授業者にフィードバックしたチーム、グループ活動の活性化を図ったチームなど様々です。

「We」(みんな)でつくる学校

アドバイザー 水落 芳明

学び合う授業づくりや高め合う校内研修をテーマに、現場の先生方と一緒に研究しています。大切にしているのは同じ目標に向かって「We」(みんな)で協力してつながること。ICTを活用した英語や社会科の授業、特別支援を必要とする子のいる学級づくりやフォロアーシップを育てる生徒会活動の支援等々、学卒院生、現職院生が現場の先生方と一緒に取り組む中で、個人の努力では得られない様々な成果や感動を共有しています。

学校支援プロジェクトのテーマ例

  • 読解力向上のための授業研究
  • 生きて働く言葉力の育成
  • 表現力を育む算数・数学の授業づくり・教室文化づくり
  • 算数・数学の授業研究を軸とした校内研修
  • 全国学力学習状況調査の結果等を活用した算数・数学の学習指導の改善
  • 算数・数学教育全般(学習意欲の向上、思考力・判断力・表現力の向上、基礎的な知識・技能の習得、連携協力校の研究テーマに沿った取組)
  • 自己実現を促す生活科・総合的な学習の在り方研究
  • 地域に根ざす生活科・総合的な学習の研究
  • 異学年学習と小学校英語
  • 実感を伴った理解に向けた授業改善
  • 思考力育成のための授業研究
  • 活用力を育成する授業改善
  • 探究の筋道を切り拓く子どもの育成
  • 児童・生徒が自ら問題を設定し解決する能力を育成する指導法の研究
  • 学級の人間関係づくりのための支援
  • 学びを深め合い、進んで問題を解決する子どもの育成
  • 『学び合い』による授業・学校改革
  • 学び合う学習集団づくり
  • かかわり合う力の育成
  • 教科学習における人間関係作り、校内研修のための研究
  • 環境教育のデザインと評価
  • 情報教育における授業改善
  • ICTを活用した学習デザイン
  • 授業、校務を円滑に進めるためのICT活用、情報教育研究
  • 学力保障
  • 学力の向上と指導技術の共有
  • 小学校における授業改善と指導技術の共有化
  • 小中連携した学校経営
  • 小中連携による学力向上
  • 小中連携と人間関係づくり
  • 信頼される学校運営
  • 中学校教育全般の支援(学校評価、学校組織マネジメント、全国学力学習状況調査の分析・活用、学校の探究課題の解決)
  • 協同・共生型学校づくり
  • 特別支援教育推進のための総合的な支援
  • 人権・同和教育と特別活動
  • 公教育における宗教の取扱い
  • 幼児教育との連携を意識した自己有用感を高める低学年児童の教育
  • 学校と地域・家庭との連携・協働
  • 学級経営を基盤とした学力の向上
  • 生徒・保護者のニーズに応じた特別支援教育の推進
  • 特別な教育的支援を必要とする児童の学習支援の改善

学習

PAGETOP