赤坂 真二(あかさか・しんじ) - 教授(実務家教員)

講座風景はこちら

【担当コース】
・ 教育臨床コース
・ 教育経営コース
【担当講義】
・ 勇気づけの学級づくり論
・ 効果的な学校づくり論
【プロジェクトテーマ例】
・ 学級経営を基盤とした学力向上
・ 主体性や協働力を育てる授業づくり・学級づくり 
【包含できる研究テーマ】
・ 主体的で協働的な授業づくりと学級づくり
・ 児童生徒の社会的自立能力の育成

研究内容及び指導内容、その他

 子どもたちの学力は国際的に見て高い水準で推移し,また,国内的に見ても自治体による差も小さくなっています。ここ数年の学力向上の取り組みは成功を収めて来たと言えるでしょう。しかし,その一方で,依然として学習意欲の低さや,子どもたちの間の学力の差は開いたままという指摘があります。これから訪れる変化の時代に、子どもたちがそれを乗り越え,また,変化そのものになるようなたくましく生きる力が必要です。

 これからの生きる力の中核を為すのは,主体性や意欲です。教材研究や教え方の工夫だけでは学習に対して,主体的になったり意欲的になったりできない子もいます。私たちの意欲は,学習環境に影響されます。学習意欲の低い子は,やる気を出さなくていい環境で,やる気を出しても意味のないことを学んでしまっている可能性があります。教室には勉強が大好きで放っておいても学ぶ子がいる一方で,周囲の支援がないと学習に向き合えない子もいます。教育の対象は,全ての子どもたちであり,そして,特に後者の子どもたちの主体性や意欲を引き出すことこそ,教師の仕事ではないでしょうか。

 教師と子どもたちとの関係性や子ども同士の関係性は,子どもたちに影響を及ぼす最大の環境です。子どもたちの主体性や意欲を引き出すためにはどのような教育活動や学習環境が必要なのでしょうか。私の研究室では,「学級の良好な人間関係づくり」「学級のあたたかい雰囲気づくり」「自治を目指した話し合い活動を活用した学級づくり」「学習意欲を高める授業づくり」などをテーマにして,現場の先生方へ実践提案や先生方との協働で実践の開発をさせていただいています。授業づくりか,学級づくりかなどの二分論的な議論はもうやめて,子どもたちにとって本当に必要な教育活動や教室環境のあり方を日々考えなくてはなりません。子どもたち,先生,保護者,みんなが笑顔になれる教育を目指して,学びを高めているところです。

 著書に、『スペシャリスト直伝!』シリーズ4冊、『学級を最高のチームにする極意』シリーズ18冊などがあります。

スタッフ

PAGETOP