桐生 徹(きりゅう・とおる) - 教授(実務家教員)

講座風景はこちら

【担当コース】
・ 教育臨床コース
・ 教育経営コース
【担当講義】
・ 理科授業デザイン論
・ 校内授業研究と運営論
【博士課程】
・ 講義担当
【プロジェクトテーマ例】
・ アクティブ・ラーニングの実践と校内研修
・ 学力向上に寄与する授業デザインの構築
【包含できる研究テーマ】
・ 小中連携における教科学習
・ 教師の授業力量向上

研究内容及び指導内容、その他

 授業中子どもは何を考えているのでしょう?教師や友の声に反応して学んでいる素振りを見せているだけで、ホントは、周りの雰囲気に合わせて笑っていたり、わかったふりをしていたり,指名されないことを祈っていたり、「私を当ててよ」と訴えている子どももいたりするかもしれません。一斉指導の授業では,黙って静かに座っている子どもの本当の声はわからないものです。教師が黒板の前で話している時間が長くなれば,子どもの声を聞き取ることは更に難しくなります。では,アクティブ・ラーニングの授業であれば,子どもの声を教師は理解できるのでしょうか。空気を読むことを強調する雰囲気の集団では,同調圧力が強いため黙ってしまう子どもがいます。傍観者でいることの気楽さに慣れて声を出さない子どももいます。

 「声にならない声を読み解く教師力の育成」

 私の研究がめざすビジョンです。

 声の主は,子どもだけではありません,教師も然り,保護者も然り,学校を取り巻く地域の方も然り,さまざまな声を記号化して検討することが柱となります。ですから研究の対象は理科だけではなく,全ての教科です。また,子どもだけが対象ではなく,教師,保護者も対象としています。授業形態も同学年の集団だけでなく,異学年や小中合同授業なども対象としております。

 それらの声を聞くために,協働で授業をデザインし,授業実践を行い,複数台のビデオで録画、ICレコーダーで子ども一人ひとりの声を録音し総合して,子どもの声を読みとります。また,コミュニティスクールや小中連携などの制度を利用して,よりよい運営や計画に参画しながら,保護者,地域の声を拾っていきます。

 さて,私ですが,長野県の公立中学校で教諭を務め,最後は長野県総合教育センターで指導主事をしておりました。その間,現職派遣院生として本学を修了,兵庫教育大学連合学校教育研究科博士課程を修了しました。臨床教育学,理科教育学が専門です。

スタッフ

PAGETOP