原 瑞穂(はら・みずほ) - 准教授

【担当コース】
・ 教育臨床コース
【担当講義】
・ 国際理解教育と外国語活動
【プロジェクトテーマ例】
・ 国際理解教育の観点から行う故郷発信プロジェクト
・ 中学校英語科の授業におけるパフォーマンス課題及び自己評価活動
【包含できる研究テーマ】
・ 日本語教育
・ バイリンガル教育

研究内容及び指導内容、その他

私は日本語教育を起点に、国際理解教育、外国語教育を専門としています。ことばの教育とは、対象となる言語が何語であっても、教師が子どもたちに言語的特徴を伝授し習得を目指すものとしてではなく、子どもたちがいかにことばを使って考え、表現し、分かち合い、共に生きていくためにありたいと考えています。教科・母語・日本語相互育成学習モデル、内容重視のアプローチ(Content-based approach)やCARLAなどをベースにした学習デザインを行っています。また、ことばの教育とともに多言語多文化社会を担う上で重要なのが、国際理解教育だと考えています。国際理解教育はどこかの憧れの国やかわいそうな国のことを一方的に知識として学ぶものではありません。私たちが地球に生きる者の一員として、多様な背景を持つ人々とともにどのような社会を創っていくのか、どのように生きていくのかを考え、将来に向けてひとりひとりが視点を得て、自分の行動を考えることができる教育です。そのためにはやはり十全に機能することばの力を育むことが肝要です。十分な自己内対話と他者との対話を通して思考の往来と深化を仕組む学習デザインの実現を目指しています。

 主に取り組んでいる教育・研究は、外国につながる多言語多文化の児童生徒の教科と複数言語や文化等の統合学習、国際理解教育の参加型学習、国際理解教育と地域学習、言語学習の統合学習、プロジェクトベースの小学校外国語活動などです。

 教職大学院では、いずれの領域にも共通して皆さんの実践の背景となる多言語多文化共生の理論や先行研究を踏まえた上で、それぞれの関心領域における子どもたちの学びを支える方法を考えていきます。 所属学会等:日本語教育学会、国際理解教育学会、日本教科教育学会、全国社会科教育学会、母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究会(理事)、お茶の水女子大学日本言語文化学研究会

スタッフ

PAGETOP