松井 千鶴子(まつい・ちづこ) - 准教授(実務家教員)

講座風景はこちら

【担当コース】
・ 教育臨床コース
・ 教育経営コース
【担当講義】
・ 総合的な学習を中心とした教育課程論
・ 総合的な学習を生かした特色ある教育課程の経営
【プロジェクトテーマ例】
・ 生活科・総合的な学習のカリキュラム・マネジメントへの支援
・ 地域の教育資源を活用した生活科・総合的な学習の充実への支援
【包含できる研究テーマ】
・ カリキュラム・マネジメント力を高める職員研修
・ 汎用的能力を高めるキャリア教育

研究内容及び指導内容、その他

 上越地域の小学校に勤務する中で総合的な学習に魅力を感じ、子どもが切実感をもって学び、自分の考えをつくっていくための授業づくりや単元開発に取り組んできました。また、総合的な学習では、学習内容や育てようとする資質・能力などを各学校で考える必要があることから、カリキュラム編成や教師のカリキュラム・マネジメント力の重要性についても考えるようになりました。今は、総合的な学習のカリキュラム・マネジメントの方法とそれを教師のカリキュラム・マネジメント力の向上にどのように結び付けるかを追究しています。

 「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)」(平成28年12月)でも、これからの教育課程には「社会に開かれた教育課程」としての役割が期待され、カリキュラム・マネジメントが重要であると示されています。各学校で目標や内容を定める総合的な学習の時間においては、教師がカリキュラム・マネジメント力を高めていくことが必須です。総合的な学習を生かした「社会に開かれた教育課程」実現のための提言ができるように努めていきたいと思います。

 新潟県の小学校教諭、上越教育大学学校教育総合研究センター任期付助教授、小学校教頭、新潟県教育委員会義務教育課指導主事を経て、平成22年に本学に着任しました。

 主な著書・論文に、「総合的な学習の時間における教師の力量形成に関する研究」(共著、『臨床教科教育学会誌』第13巻第1号 臨床教科教育学会 平成25年)、「総合的な学習の時間を重視するA小学校における教師の力量形成に関する事例的研究」(『上越教育大学教職大学院研究紀要』第1巻、平成26年)、「カリキュラム・マネジメントで目ざす小学校教育の充実」(『教育展望臨時増刊№48』教育調査研究所、平成28年)、「総合的な学習の時間における学年主任の役割意識に関する事例的研究」(共著、『上越教育大学教職大学院研究紀要』第4巻、平成29年)などがあります。

スタッフ

PAGETOP