Takeshi Miyakawa

> > English

For classes, master theses, etc.


上越教育大学での私の授業やゼミなどの案内です。 大学院は学校教育研究科自然系教育実践コース(数学)の数学教育学を担当しています。

数学教育学は,私の捉えでは,数学の指導や学習の営みを理解することを目的とした基礎研究領域です(数学教育とはやや異なります)。詳しくは,「科学としての数学教育学」をご覧ください。関心のある方,大学院で勉強してみませんか.お待ちしています!


Research


関係する研究プロジェクトです.

研究関連のイベント

What's new?



What's new? の過去ログ

Personal Info

名前: 宮川 健
所属: 上越教育大学 大学院学校教育研究科 自然系コース(数学)
住所: 〒943-8512 新潟県上越市山屋敷町1番地
Tel/Fax: 025-521-3401
e-mail: miyakawa[at]juen.ac.jp

専門: 数学教育学(博士:フランス グルノーブル第一大学
関心: 証明,数学教師の学習や協働,ATD(特にStudy and Research Paths, SRP),教授・学習環境
言語: 日本語 (母国語),フランス語,英語

Scientific Papers

PDFのリンクがない論文が必要な方は,遠慮なくご連絡下さい.

  • 宮川健 (2017). 「世界探究パラダイムに基づいたSRPと「問い」を軸とした数学学習」. 日本数学教育学会 第5回春期研究大会論文集,pp. 173-180. (PDF 215 KB)

  • M中裕明・熊倉啓之・宮川健 (2017). 「平行四辺形になるための条件の真偽判断を通した証明的思考 −中等教育を一貫する論証指導の視座から−」. 日本数学教育学会 第5回春期研究大会論文集,pp. 101-109.

  • 宮川健 (2017). 「ATDの視点から見た指導法及びその開発プロセス」. 日本数学教育学会 第5回春期研究大会論文集,pp. 21-26. (PDF 211 KB)

  • 宮川健 (2017). 「科学としての数学教育学」. 教科内容構成特論「算数・数学」 (pp. 127-152).上越教育大学. (PDF 638 KB)

  • Cousin, M. & Miyakawa, T. (2017). Evolution of proof form in Japanese geometry textbooks. In Pre-proceedings of the 10th Congress of European Research in Mathematics Education. CEME10 TWG1. (PDF 547 KB)

  • Miyakawa, T. (2017). Comparative analysis on the nature of proof to be taught in geometry: the cases of French and Japanese lower secondary schools. Educational Studies in Mathematics, 94 (1), 37-54. SpringerLink, SharedIt)

  • Miyakawa, T. & Pepin, B. (2016). Le "school-based" développement professionnel des enseignants en mathématiques : deux pratiques collectives en Europe et au Japon. In Y. Matheron et al. (Eds.) Enjeux et débats en didactique des mathématiques (Vol. 1, pp. 145-177). Grenoble: La Pensée Sauvage. (Les actes de XVIIIe école d'été de didactique des mathématiques Brest (Bretagne), 2015)

  • 岩崎浩・宮川健・松沢要一・久保田和好・渋木美知子・花岡瞳美・坂岡昌子 (2016). 「数学の授業における創発の生起と展開に関する研究 −授業というダイナミックな仕組み,意図的な仕掛けとの関係−」. 日本数学教育学会第49回秋期研究大会発表収録, pp. 349-352. (口頭発表) (PDF 222 KB)

  • 坂岡昌子,宮川健 (2016). 不等式の性格についての一考察 −基本認識論モデルの探求−. 全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 22(2), 73-84.

  • 中裕明,大滝孝治,宮川健 (2016). 世界探究パラダイムに基づくSRPにおける論証活動 (2) −電卓を用いた実践を通して−. 全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 22(2), 59-72.

  • 宮川健中裕明大滝孝治 (2016). 世界探究パラダイムに基づくSRPにおける論証活動 (1) −理論的考察を通して−. 全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 22(2), 25-36.

  • Otaki, K., Miyakawa, T. & Hamanaka, H. (2016). Proving activities in inquiries using the Internet. In C. Csíkos, A. Rausch, & J. Szitányi (Eds.) Proceedings of the 40th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education (Vol. 4, pp. 11-18). Szeged, Hungary: PME. (PDF 382 KB)

  • 宮川健,中裕明 (2016). インターネットを用いた探究を通した論証指導 −問いを始点にした単元間をつなぐ数学的活動の事例−. 日本数学教育学会 第4回春期研究大会論文集.pp. 147-154. (PDF 587 KB)

  • 茅野公穂,宮川健 (2016). 課題探究として証明することのカリキュラム開発 −領域「図形」のカリキュラム開発枠組みの精緻化−. 日本数学教育学会 第4回春期研究大会論文集.pp. 163-166.

  • 飯田慎司・岩崎浩・加藤久恵・宮川健 (2016). 「教員養成・教員研修」に関する反省的記述. 日本数学教育学会 第4回春期研究大会論文集.pp. 271-278.

  • Iwasaki, H. & Miyakawa, T. (2015). Change in in-service teachers' discourse during practice-based professional development in university. In K. Beswick, T. Muir & J. Wells (Eds.) Proceedings of the 39th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education, (Vol. 3, pp. 89-96). Hobart, Tasmania: PME. (PDF 300 KB)

  • Shinno, Y., Miyakawa, T., Iwasaki, H., Kunimune, S., Mizoguchi, T., Ishii, T. & Abe, Y. (2015). A theoretical framework for curriculum development in the teaching of mathematical proof at the secondary school level. In K. Beswick, T. Muir & J. Wells (Eds.) Proceedings of the 39th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education, (Vol. 4, pp. 169-176). Hobart, Tasmania: PME. (PDF 534 KB)

  • 宮川健,國宗進 (2015). 「中等教育を一貫する論証指導の視点からみた一般性の扱いについて 〜文字式を用いた代数的な証明の場合〜」. 日本数学教育学会 第3回春期研究大会論文集. pp. 75-82. (PDF 230 KB. 形式的証明に誤植がありました赤で修正済)

  • 茅野公穂,佐々祐之,宮崎樹夫,宮川健,中川裕之,岩永恭雄,松岡樂 (2015). 「課題探究として証明することのカリキュラム開発−領域「数と式」, 「図形」のカリキュラム開発枠組みの精緻化−」. 日本数学教育学会 第3回春期研究大会論文集. pp. 7-12.

  • 宮川健 (2015). 「日本の地域の教員研修」.【特別企画】日本型数学教育の反省的記述を目指して 発表資料. 全国数学教育学会第42回研究発表会(2015年6月13-14日),鹿児島大学. (PDF 182 KB)

  • Miyakawa, T. (2015). What is a good lesson in Japan? An analysis. In M. Inprasitha, M. Isoda, P. Wang-Iverson, & B.-H. Yeap (Eds.) Lesson Study: Challenges in Mathematics Education (pp. 327-349). Singapore: World Scientific. (Link)

  • 宮川健真野祐輔・岩崎秀樹・國宗進・溝口達也・石井英真・阿部好貴 (2015). 中等教育を一貫する数学的活動に基づく論証指導の理論的基盤. 全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 21 (1),63-73.

  • Miyakawa, T. (2014). Functions of proof: a comparative analysis of French and Japanese national curricula and textbooks. In K. Jones, C. Bokhove, G. Howson & L. Fan (Eds.), Proceedings of the International Conference on Mathematics Research and Development (pp. 333-338), ICMT2014, 29-31 July 2014, The University of Southampton, UK. (Link)

  • 宮川健 (2014). 「研究者と実践者の協働による‘授業化’の仕組みについて 〜証明することのカリキュラム開発の事例から〜」. 日本数学教育学会誌 数学教育学論究臨時増刊 第47回秋期研究大会特集号, Vol. 96, 177-184. (PDF 429 KB)

  • 宮川健,初谷淳 (2014). 「平行移動,対称移動及び回転移動」において課題探究として証明することの授業化. 日本数学教育学会誌『数学教育』, Vol. 96, No. 9, 6-9.

  • 宮川健溝口達也 (2014). 「中等教育を一貫する論証指導を捉える枠組みの提案」. 日本数学教育学会 第2回春期研究大会論文集, 41-48. (PDF 603 KB)

  • 宮川健 (2013). 「幾何領域における証明の存在理由 〜フランスと日本の場合〜」. 日本数学教育学会誌 数学教育学論究臨時増刊 第46回秋期研究大会特集号, Vol. 95, 345-352. (PDF 300 KB)

  • 五十嵐慶太,宮川健 (2013). 「学校数学における確率を捉える枠組みの一提案 〜数学的モデルとしての確率という視点から〜」. 日本数学教育学会誌 数学教育学論究臨時増刊 第46回秋期研究大会特集号, Vol. 95, 17-24. (PDF 447 KB)

  • Miyakawa T. & Winsløw C. (2013). Developing mathematics teacher knowledge: the paradidactic infrastructure of "open lesson" in Japan. Journal of Mathematics Teacher Education, 16 (3), 185-209. (SpringerLink, SharedIt) (PDF Draft)

  • 石川実,宮川健 (2012). 「手続きの説明」の学習における伝言ゲームの可能性 〜中学校図形領域における教授実験を通して〜. 日本数学教育学会誌『数学教育』, Vol. 94, No. 11, 2-11. (PDF)

  • 塩崎李衣,宮川健 (2012). 平面幾何における作図の機能. 『第45回数学教育論文発表会論文集(第1巻)』, 奈良教育大学,pp. 581-586. (PDF 303 KB)

  • 宮川健 (2012). 認識論と算数・数学の授業〜基本認識論的モデルの視点から〜. 『第45回数学教育論文発表会論文集(第1巻)』, 奈良教育大学,pp. 15-20. (PDF 245 KB)

  • 宮川健 (2012). フランス前期中等学校平面幾何領域における証明の生態〜教科書分析から〜. 日本数学教育学会誌『数学教育』, Vol.94, No.9, 2-11. (PDF)

  • Miyakawa T. (2012). Proof in geometry: a comparative analysis of French and Japanese textbooks. In Tai-Yih Tso (Ed.), Proceedings of the 36th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education (Vol.3, pp. 225-232), Taipei, Taiwan: PME. (PDF 75 KB)

  • 宮川健 (2012). フランスを起源とする数学教授学〜「学」としての性格〜. 全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 18 (1),119-123.

  • Miyakawa T. & Winsløw C. (2011). Japanese “open lessons” as institutional context for developing mathematics teacher knowledge. In M. Bosch, J. Gascón, R. Olarría, M. Artaud, A. Bronner, Y. Chevallard, G. Cirade, C. Ladage & M. Larguier (Eds.) Un panorama de la TAD (pp. 405-414) III International Conference on the Anthropological Theory of the Didactic (CATD-3). Bellaterra, Barcelona: CRM.

  • 宮川健 (2011). フランス数学教授学の立場から見た「授業」の科学的探究. 『第44回数学教育論文発表会論文集(第1巻)』, 上越教育大学,pp. 51-60. (PDF 238 KB)

  • 宮川健 (2011). フランス前期中等学校数学における証明の生態(2)〜国定カリキュラムの分析から〜. 『第44回数学教育論文発表会論文集(第2巻)』, 上越教育大学,pp. 801-806. (PDF 188 KB)

  • 宮川健 (2011). フランスの高等学校数学教科書. 日本数学教育学会誌『数学教育』, Vol.93, No.7, 43-47.

  • 宮川健 (2009/2011). フランスを起源とする数学教授学の「学」としての性格 〜わが国における「学」としての数学教育研究をめざして〜. 日本数学教育学会誌『数学教育学論究』,Vol. 94, 37-68. (発行は 2011 年) (Draft PDF 498 KB)

  • 宮川健 (2010). フランスにおける数学教育と数学教授学. 『日仏教育学会年報』, 第16号(通巻第38号),57-65.

  • Chino, K., Fujita, T., Komatsu, K., Makino, T., Miyakawa, T., Miyazaki, M., Mizutani, N., Nakagawa, H., Otsuka, S. & Tsujiyama, Y. (2010). An assessment framework for students’ abilities/competencies in proving. Proceedings of the 5th East Asia Regional Conference on Mathematics Education (EARCOME5) (Vol. 2, pp.416-423). Tsukuba: Inamoto Printing Co. Ltd.

  • 宮川健 (2010). フランスの算数・数学教科書. 日本数学教育学会誌『算数教育』, Vol.92, No.4, 27-31. (Vol. 92, No. 5, 22-26 に再掲)

  • Miyakawa T. & Winsløw C. (2009). Didactical designs for students' proportional reasoning: An "open approach" lesson and a "fundamental situation". Educational Studies in Mathematics, 72(2), 199-218. (SpringerLink, SharedIt) (PDF Draft)

  • Miyakawa T. & Winsløw C. (2009). Étude collective d'une leçon: un dispositif japonais pour la recherche en didactique des mathématiques. In I. Bloch & F. Conne (Eds.) Nouvelles perspectives en didactique des mathématiques: Actes de la XIVème école d'été (CD-ROM: thème 2; 17 pages). Grenoble: La Pensée Sauvage Édition.

  • Miyakawa T. & Winsløw C. (2009). Un dispositif japonais pour le travail en équipe d'enseignants : étude collective d’une leçon. Education & Didactique, vol. 3 no. 1, 77-90. (Link)

  • Miyakawa T. & Herbst P. (2008). Why some theorems are not proven in geometry class: dispositions and constraints. TSG18 ICME-11, 6-13 July, Monterrey, Mexico (accepted and presented as a long presentation, http://tsg.icme11.org/tsg/show/19), (PDF 250 KB)

  • Herbst P. & Miyakawa T. (2008). When, how, and why prove theorems: A methodology for studying the perspective of geometry teachers. ZDM, 40(3), 469 - 486. (SpringerLink, SharedIt)

  • Miyakawa T. & Herbst P. (2007). Geometry teachers' perspectives on convincing and proving when installing a theorem in class. In T. Lamberg & L. R. Wiest (Eds.), Proceedings of the 29th annual meetings of the North American Chapter of the International Group for the Psychology of Mathematics Education (PME-NA) (pp. 366-373) Stateline (Lake Tahoe), NV: University of Nevada, Reno. (PDF 285 KB)

  • Miyakawa T. & Herbst P. (2007). The nature and role of proof when installing theorems: the perspective of geometry teachers. In J. H. Woo, H. C. Lew, K. S. Park & D. Y. Seo (Eds.), Proceedings of the 31th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education (Vol.3, pp. 281-288), Seoul, Korea: PME. (PDF 224 KB)

  • 宮川健 (2007). 関数グラフソフトを用いた教授・学習過程の分析 〜教授学的状況理論の視点から〜. 日本数学教育学会誌『数学教育』, Vol.89, No.1, 2-12. (PDF 860 KB)

  • Isoda M., Kakihana K., Miyakawa T., Aoyama K., Yoden K., Yamanoi E., Uehara K., Chino K. (2005). Mathematics Classroom Innovation with Technology: Japanese Movement. In S.-C. Chu, H.-C. Lew and W.-C. Yang (Eds.), Proceedings of the 10th Asian Technology Conference in Mathematics (pp.84-93), Cheong-Ju, South Korea.

  • 宮川健 (2005). 線対称図形に対する知覚的認識と証明. 『筑波数学教育研究』, 第 24 号,21-30.

  • Miyakawa T. (2004). Reflective symmetry in construction and proving. In M. J. Høines & A. B. Fuglestad (Eds.), Proceedings of the 28th International Conference of Psychology of Mathematics Education (vol.3, pp.337-344), Bergen, Norway: PME. (PDF 266 KB)

  • Miyakawa T. (2004). The nature of students' rule of inference in proving: the case of reflective symmetry. TSG19 ICME-10, 4-11 July, Copenhagen. (PDF 41 KB)

  • Miyakawa T. (2004). Les recherches japonaises en enseignement des mathématiques. In Proceedings of the 5th Tunisia-Japan Symposium on Culture, Science and Technology: TJCST-2004 (pp. 223-225), Sfax, Tunisia.

  • 宮川健 (2003). 線対称の作図と図形認識 - 問題の解決過程に注目して-. 『第 36 回数学教育論文発表会論文集』,北海道教育大学,295-300.

  • Miyakawa T. (2002). Relation between proof and conception: the case of the sum of two even numbers. In A. D. Cockburn & E. Nardi (Eds.), Proceedings of the 26th International Conference of Psychology of Mathematics Education (vol.3, pp.353-360), Norwich: PME. (PDF 46 KB)

  • 宮川健 (2002). 教授学的状況理論にもとづくコンセプションモデルに関する一考察. 『筑波数学教育研究』.第21 号.63-72.

  • 宮川健 (2001). 合理性の観点から見た証明と子どもの知識の関係. 『第 34 回数学教育論文発表会論文集』,東京学芸大学,343-348.

  • 宮川健 (2001). フランスにおける教育改革動向と数学教育. 日本数学教育学会誌『算数教育』. vol.83, No.10, 21-31. (PDF 780 KB)

  • 宮川健 (2001). 日仏中学校数学科指導内容の比較研究.『筑波数学教育研究』. 第20号,57-66.

  • 礒田正美,宮川健 (2000). 高等学校の数学教育改革のパースペクティブ - ICME9 高校部会(WGA3)の概要,改革への視点と日本の特質-. 日本数学教育学会誌『数学教育』,vol.82, No.11, 20-29.

  • 宮川健 (2000). 推論構造から見た証明の特徴. 『第 32 回日本数学教育学会論文発表会論文集』,鳴門教育大学,283-288.

  • 宮川健 (1998). テクノロジーによる関数関係理解の改善に関する一考察. 日本数学教育学会誌『数学教育』,Vol.80, No.1, 9-14. (PDF 342 KB)

  • 宮川健 (in print). 「証明とコンセプションの関係 〜「2偶数の和の証明」の分析と検証を例に〜」 能田伸彦先生退官記念論文集.東洋館. (PDF 253 KB)

Thèse, mémoire, etc.

  • 宮川健 (2012). フランス.『初等中等学校の算数・数学教科書に関する国際比較調査 調査結果報告書』, pp. 176 -215,教科書研究センター. (PDF 1,761 KB)

  • Miyakawa T. (2005). Une étude du rapport entre connaissance et preuve : le cas de la notion de symétrie orthogonale. Thèse de l'Université, LEIBNIZ - IMAG, Université Joseph Fourier - Grenoble 1. (thèse sans annexes: PDF 2 MB)

  • Miyakawa T. (2000). Conception sur la preuve chez les enseignants au collège. Mémoire de DEA, LEIBNIZ - IMAG, Université Joseph Fourier - Grenoble 1.

Translation

Practical Papers, Books, etc.

Curriculum Vitae

職歴

2009 - 上越教育大学, 大学院学校教育研究科, 准教授
2006 - 2009 米国 ミシガン大学, 教育学部, 研究員 (GRIP 所属; Director: Patricio Herbst)
2003 - 2006 筑波大学, 教育開発国際協力研究センター (CRICED), 研究員

学歴

2005 フランス グルノーブル第一大学 (ジョセフ・フーリエ大学) 大学院 Doctorat (数学・情報学) 取得
グルノーブル情報学・応用数学研究機構 ライプニッツ研究所所属
2000 フランス グルノーブル第一大学 (ジョセフ・フーリエ大学) 大学院博士前期課程 (人間学習における情報環境と教授学 DEA) 修了
1998 筑波大学大学院修士課程教育研究科数学教育コース 修了
1996 筑波大学第一学群自然学類数学専攻 卒業

> 上越教育大学 > 自然系コース(数学)

Created: 2009/04/01
Last update: 2017/6/13

個人的備忘録