上野正人 UENO, Masato


声楽関連の授業を担当。言語と音楽の有機的結びつきの分析から演奏表現法を導きだす、実践的な分析モデルの構築に興味を持って取り組んでいる。また、オペラ演出、合唱指揮の分野でも活動している。論文:「J.S.バッハの言葉と音楽――マタイ受難曲のバス独唱曲の分析」(『上越教育大学研究紀要』17-2)等。

〔メッセージ〕
独唱、合唱、音楽劇など声楽関連の授業を担当しています。「何が」「どのように表現されているのか」、そして「いかに表現すべきなのか」をキーワードに、演奏表現に直接結びつくような実践的楽曲分析法の構築に興味を持って取り組んでいます。また学外では、独唱だけではなく音楽劇演出やジュニアから大人までの合唱団の指導、指揮を行うなど、社会教育の場でも幅広く活動しています。


【Mail】mueno [at] juen.ac.jp



〒943-8512 新潟県上越市山屋敷町1
Copyright (c) 2013-2014
Joetsu University of Education, All rights reserved.