玉村 恭 TAMAMURA, Kyo


音楽学を担当。専攻は能を中心とする日本の古典音楽・音楽史、および日本の美学思想史。日本の古典芸能に関する諸々の「テクスト」を分析的に検討する研究を中心に、これまで人々がどのように音楽を実践し、どのような文化を作り上げてきたか(実践)と、人々が音楽をどのようなものとして捉え、考えてきたか(思想)の両面から、音楽文化を総体として捉える研究を行っている。

〔メッセージ〕
授業では音楽学、日本の音楽、諸民族の音楽に関する科目を担当していますが、ジャンルや洋の東西を問わず、およそ「音楽」と名のつくあらゆる現象に関心を持って研究に取り組んでいます。ゼミ生の研究も多様で、毎週の合同ゼミでは、興味も方向性も異なる数名が集まってそれぞれの研究成果を披露し合い、それについて激論を交わしています。研究室には様々なジャンルの書物と楽器が転がっています(めざせ「驚異の部屋」!)ので、興味のある方はいつでもおいでください。

【研究室】音楽棟4階405
【Mail】tamamura [at] juen.ac.jp



〒943-8512 新潟県上越市山屋敷町1
Copyright (c) 2013-2014
Joetsu University of Education, All rights reserved.