本文へスキップ

Tokie's Laboratory

音楽こそ究極の表現
上越教育大学で音楽教育を担当しております時得紀子(ときえ のりこ)です。
日米の小・中学校音楽科の授業比較をもとにした「総合表現型カリキュラム」の開発と評価をテーマに国際的な共同研究にも取り組んでいます。
また、ストリートダンス部やアカペラ部、MMS(モダン・ミュージック・ソサエティ)部の顧問もやっております。

What's New

 『上越教育大学研究紀要』最新号に論文を寄稿しました。タイトルは以下のとおりです。
  今成満、浅井暁子、時得紀子「対話的・協働的な活動により深める創作指導 : 小学生・教員養成課程学生を対象とした実践から」
  (『上越教育大学研究紀要』第38巻第1号、2018年9月、205-216頁)

 10月13日(土)に平成30年度日本教育大学協会研究集会で研究発表を行います。タイトルは以下のとおりです。
  林睦、新井恵美、齊藤祐、杉江光、時得紀子、中務晴之、木下大輔、高橋雅子「全国音楽部門大学部会のアウトリーチ事業調査:教員養成大学・学部の地域貢献」
  (平成30年度日本教育大学協会研究集会、平成30年10月13日(土)、奈良教育大学)