入試情報 学校教育学部

アドミッション・ポリシー

入学者受入れの方針の定義

教育の理念・目的、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づく教育内容等を踏まえ、どのように入学者を受け入れるかを定める基本的な方針であり、受け入れる学生に求める学習成果を示すものである。

入学者受入れの方針

(1)本学では、以下に掲げる学生を求めている。

  • 教員を目指すために十分な幅広い基礎学力を修得している。【知識・技能】
  • 物事を多面的かつ論理的に考察することができ、自分の考えを的確に表現し、伝えることができる。【思考力・判断力・表現力】
  • 教員を目指す強い意志を持ち、協調性や人間性に優れ、積極的に学修を進めていくことができる。【学びに向かう態度・人間性】

そのために、一般入試(前期日程)、一般入試(後期日程)、推薦入試の三つの方法で入学者の選抜を行う。

(2)教員養成カリキュラムを履修するのに必要な、教科にかかわる知識を有する学生を選抜するため、三つの選抜方法とも大学入試センター試験を課す。

(3)一般入試(前期日程)では、上記(2)に加え、特に、課題探求能力と表現能力に優れ、音楽・美術・体育のいずれかの実技について基礎的な適性を有する学生を選抜するため、小論文と実技検査を課す。

(4)一般入試(後期日程)では、上記(2)に加え、特に、教職への強い関心・意欲と個人的魅力を持ち、高い基礎学力を有した学生を選抜するため、個別面接試験を課す。

(5)推薦入試では、上記(2)に加え、特に、教員を目指すための明確なビジョンを持ち、社会全体への幅広い視野を有し、協調性や人間性に優れた学生を選抜するため、集団面接試験を課す。

平成31年度 学校教育学部入試日程

日程等は詳細(PC)をご覧ください。
本学PCサイトでは、センター試験の点数配分、過去の試験問題などの情報を掲載しております。