上越教育大学大学院 学校教育専攻 幼児教育コース

トップページ

コースの概要

コースの概要

研究内容

 幼年教育コースでは、幼児期から児童期の子どもと保育・教育を主な対象に具体的な実践に基づいた研究を行っています。幼児の生活、遊び、言葉、人間関係、環境、文化等について、幼児教育だけでなく家庭教育や小学校教育との関連にも留意しながら学び、本来的な保育・教育とはどのようなものかについて共同で探究しています。

 これまでのご自身の保育・教育実践や子育ての経験を改めてふりかえり意味づけたい方、学校・家庭・地域における保育・教育についての学びをいっそう深めたい方、幼児教育への関心や意欲を人生の次のステップにいかしたい方に、研究の機会をひらきます。

研究分野

「幼児教育学」「幼児心理学」「保育内容の研究」の3つです。院生は、入学直後に各自の研究テーマに最も適合する研究室に所属します。

幼年教育学

 幼児教育学の分野では、生涯にわたる人間形成の基礎を培うために重要な幼児期の教育の在り方について、歴史的、総合的に探究します。
 幼年期のカリキュラムや方法等について、子育て支援や幼保小連携の課題をふまえつつ、より広い視野から理解を深め、実践的な資質と力量を養うことをめざしています。

幼年心理学

 幼児心理学の分野では、子どもをめぐる昨今の動向をも踏まえて、さらなる幼児理解をめざします。そのために子どもの発達について様々な面から追求します。
 必要に応じて子どもたち相互の関係や彼らと教師や親のかかわりに注目しながら、実践的な力量を高めていきます。

領域教育学・保育内容

 領域教育学・保育内容の分野では、教育や心理など関連する諸科学の視点を取り入れながら、子どもの自然科学的認識の発達、および音楽表現の発達などについて基礎的な講義から専門的な演習、実践的な分析までを行います。
 このようにして子どもを総合的かつ分析的にとらえる資質を養うことをめざしています。

最近の修了者の修士論文題目

  • 一斉活動における保育者の遊びの指導の実態とその意義の検討
  • 幼稚園3歳クラス児の砂遊びの実態とその意義の検討
  • 遊びにおける幼児の身振りに関する研究
  • 幼児の身体接触の発達的検討
  • ベビーサインに関する研究
  • 保育所0歳クラス児の排泄にかかわる行動と保育者援助の実態
  • ベビーサインに関する研究
  • 入園直後の幼児が仲間関係を築いていく実態と教師の援助について ─3歳クラス児の入園期からの3ヶ月に焦点化して─

  • 幼稚園における男児の遊びと仲間関係の実態の検討
  • 幼児の仲間関係作りにおける非言語スキル使用に関する研究
  • 幼児のいざこざが発生し解決に至るまでのプロセスについての研究
  • 幼児のコミュニケーション行動における性差

  • 遊びにおける幼児の「みてて」発話の発生プロセスに関する研究
  • 幼児の固定遊具を用いた活動の実態と意味に関する研究

  • 幼稚園における住環境教育の意義と可能性の検討

  • 幼稚園における幼児のリテラシー環境
  • 色彩が幼児にもたらす情緒喚起に関する研究

  • 幼稚園教諭のリフレクションを促す要因─保育後の教師の対話に着目して─
  • 延長保育における保育内容の検討

  • 絵本の読み聞かせに関する保護者の意識 
  • 学童保育指導員における専門性の検討─遊びに対する指導の意識に着目して─
  • 幼児の自然科学的思考をうながす遊びと教師の援助
  • 4歳クラス児が仲間と共に小動物とかかわり理解していく過程
  • 青少年教育施設における幼児期の自然体験活動プログラム開発に関する基礎的研究 
     ─自然体験活動を通した幼児の学びからの検討─

  • モンテッソーリにおける知性の教育
  • 城戸幡太郎の幼児教育論についての考察─「社会協力」の概念に注目して─