上越教育大学大学院 学校教育専攻 幼児教育コース

トップページ

教員と開講科目

教員と開講科目

教授 杉浦 英樹(すぎうら・ひでき)

 幼年教育学を担当。幼年期に求められる総合的な指導をめぐる問題意識からわが国の幼年教育史を研究する。特に幼年期カリキュラムについてプロジェクト学習による幼幼小の連絡・連携の可能性に向けた問題史的な検討を行っている。

開講科目:幼年教育特論/幼年教育研究/幼年教育・教育研究セミナーⅠ・Ⅱ

准教授 白神 敬介(しらが・けいすけ)

 発達(幼年)心理学を担当。乳幼児期の発達ならびに保育者への支援について、生態学的アプローチの観点から研究している。さらに絵本や育児メディアを媒介とした養育者、保育者、子どものコミュニケーションの様態について検討している。

開講科目:子どもの発達心理学/子ども研究の基礎/子どもの発達理解研究セミナーⅠ・Ⅱ

准教授 山口 美和(やまぐち・みわ)

 保育内容論を担当。幼児期の遊びを通した主体的な学びについて、保育者と子どもとの相互作用という側面から探究している。また、身近な自然との関わりの中での直接体験が子どもの市民性の萌芽を育む可能性について、教育哲学的視点から研究する。

開講科目:子どもの環境特論/子どもの遊び研究/子どもの生活環境セミナーI・II

各セミナーにおいて、修士論文作成に向けた指導を行います。

また、全教員が共同で開講する科目として、

  • 実践場面分析演習 「幼年教育」
  • 子ども理解の実践演習

があり、附属幼稚園等をフィールドに保育・教育実践を対象とした学習を共同で進めます。