ホーム  >  注目情報  >  2020年度  >  模擬授業コンテストを実施しました。

注目情報Pickup Information

模擬授業コンテストを実施しました。

2020年12月22日
12月9日(水)、学内で「模擬授業コンテスト」を実施しました。

本学では、毎年学部2年の必修授業科目「教育実地研究Ⅱ(授業基礎研究)」の中で「模擬授業コンテスト」を学内で実施しています。
本コンテストで学生たちは約20人で1グループを作り、代表の学生が先生役、 他の学生が生徒役を務めて15分の授業を行います。その授業を附属学校と特任の先生方が審査し、優秀者の表彰、全体の講評・指導を行います。

この授業は、本格的な教育実習が始まる前年度に、板書・発声・指名などの技術や実践的指導力の基礎を培うことを目指し、学生が先生役と児童生徒役を務めることを通して、立場を変えた視点から教育の営みを捉え直す貴重な機会になっています。
授業を行った学生は「練習を繰り返し、板書を見やすくすることを意識した。実習に向けて良い経験になった」と話していました。なお、今回は報道機関4社がこの取組を取材してくれました。
 


  • 模擬授業を行う学生

  • 模擬授業を行う学生

  • 表彰式の様子

  • 取材を受ける学生

このページは上越教育大学/広報課が管理しています。(最終更新:2020年12月23日)

このページの先頭へ戻る

サイトマップを開く