ホーム  >  注目情報  >  2020年度  >  新型コロナウイルス感染症に対応した教育実習の実施

注目情報

新型コロナウイルス感染症に対応した教育実習の実施

2020年10月20日
令和2年度は特別なプログラムで取り組んでいます。

本学では、令和2年9月11日付け文部科学省通知「教育職員免許法施行規則等の一部を改正する省令(令和2年文部科学省令第28号)」が公布、施行されたことに基づき、令和2年度教育実地研究Ⅲ(初等教育実習)及び教育実地研究Ⅳ(中等教育実習)を下記の内容で計画し、一部を実施しました。

■学内プログラム
1.実施期間:9月11日(金)~9月30日(水)
2.対 象:令和2年度教育実地研究Ⅲ(初等教育実習)及び教育実地研究Ⅳ(中等教育実習)履修者全員
3.内 容:
①講義…オンデマンドとオンライン
②模擬授業…対面
③オンライン授業実践…オンライン
・グループで1つの授業を構想し、附属学校の児童・生徒に向けてオンライン(Zoom)で授業を行う。

【附属小学校での実施】
232名の実習生が24のグループに分かれ、オンラインで道徳の授業を実践しました。カメラと授業者の距離、課題の出し方、発言者の指名の仕方などオンラインならではの課題を、仲間と協力しながら乗り越えていました。附属小学校の先生方からの評価も高く、ICT活用力、授業構成力を高める上でも効果的な取組となりました。

Zoomによるライブ授業の様子

【附属中学校での実施】
10人ほどのグループで1つの道徳授業(「情報モラル」または「感染症による差別」)を作成し、オンラインで実際に授業を行いました。(Zoomでライブ授業)
附属中学校の協力もあり、たいへん充実した取組となりました。

④オンデマンド式授業参観…オンデマンド
⑤実習校へのビデオレターの作成

Zoomによるライブ授業の様子

■学校における教育実習
実施期間:10月5日(月)~11月30日(月)の間の5日間(各学校の日程により実施予定)


  • 「初等教育実習:オンライン授業の様子①」

  • 「初等教育実習:オンライン授業の様子②」

  • 「中等教育実習:オンライン授業の様子」

  • 「中等教育実習:模擬授業の様子」

このページは上越教育大学/広報課が管理しています。(最終更新:2020年10月21日)

このページの先頭へ戻る

サイトマップを開く