ホーム  >  インフォメーション  >  2019年度  >  研究活動における不正行為及び研究費の不正使用の防止研修を開催しました。

インフォメーション

研究活動における不正行為及び研究費の不正使用の防止研修を開催しました。

2019年08月06日

上越教育大学は7月24日、「令和元年度研究活動における不正行為及び研究費の不正使用の防止研修」を開催しました。

本研修は、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月文部科学大臣決定)における研究倫理教育及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定(平成26年2月改正))におけるコンプライアンス教育の啓発活動の一環として、関係する教職員全員を対象に実施しました。

今年度の研修では、本学の中舎理事(研究費不正使用防止計画推進室統括管理責任者)を講師とし、研究活動の特定不正行為等、研究費の不正使用、不正防止対策、研究者の行動規範及び研究倫理教育の徹底、不正が起きた際の対応と被るペナルティ、他大学・研究機関における不正事例を参考にした具体的な留意点等についての講義を行いました。

参加した教職員は、研究活動における不正行為及び研究費の不正使用の防止について、より一層理解を深めることができました。


このページは上越教育大学/財務課が管理しています。(最終更新:2019年08月06日)

このページの先頭へ戻る