ホーム  >  インフォメーション  >  2020年度  >  県境をまたいだ職務上の往来の禁止等について(改定通知)

インフォメーションInformation

県境をまたいだ職務上の往来の禁止等について(改定通知)

2020年05月08日

令和2年5月8日

教職員各位

国立大学法人上越教育大学長
(危機管理対策本部 本部長)
川 崎 直 哉                  

 

県境をまたいだ職務上の往来の禁止等について(改定通知)

 

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく、令和2年5月6日までの「緊急事態宣言」が、全都道府県を対象に5月31日まで延長されました。

つきましては、令和2年4月20日付けで、同日から5月6日までの間、本学全教職員について、県境をまたいだ職務上の往来を禁止するとともに、プライベートでの往来の自粛を強く要請していたところですが、この取り扱いについても5月31日まで延長することとしますので、御理解と御協力をお願いします。

なお、特定警戒都道府県(北海道、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県)へ出かけた場合は、本日(5月8日)から下記のとおり取り扱うこととしますので、重ねて御理解と御協力をお願いします。

 

 

(1) 特定警戒都道府県へやむを得ず出かけた場合は、「健康状態確認票」の備考欄等を活用し行動を記録するとともに、その旨を勤務時間管理員に申し出ること。
(2) 特定警戒都道府県から戻った日から14日間を健康観察期間とし、在宅勤務とすること。

 

 

【注】
1 本通知の発出により、「県境をまたいだ職務上の往来の禁止等について(令和2年4月20日学長通知)」を改定する。
2 特定警戒都道府県へやむを得ず出かけた場合の対応を追加

 

 


このページは上越教育大学/広報課が管理しています。(最終更新:2020年05月08日)

このページの先頭へ戻る

サイトマップを開く