鮮新世の代表的な貝化石


タカハシホタテ(Fortipecten takahashii

       この貝は鮮新世に東北日本の内湾性堆積物中より産出し、
  滝川-竜の口動物群の代表種とされているタカハシホタテで
      ある。現生のホタテガイは捕食者に襲われると、遊泳して
  逃げるが、この貝は大きくなると殻が厚くなり過ぎて、泳
  げなくなったようである。そのかわり、殻を厚くし、膨ら
  んだ右殻を下にして、"氷山戦略"をとることにより、捕食
  者から逃れようとした。"氷山戦略"は中生代には効果的方
  法だったが、"中生代の海洋変革" により捕食者が急増する
  と、あまり効果的な方法ではなくなってしまった。タカハ
  シホタテは新生代の貝としては珍しく中生代型の"氷山戦略"
  を採用したが、北方の捕食者が少ない環境に生息したにも
  かかわらず鮮新世末期には絶滅した。このため、逆に示準
  化石として有効な訳で、示準化石の本質は意外なところに
  あるのかも知れない。また、この貝は日本海側の鮮新統か
  らはほとんど産出していないのも未解決の謎である。
  <参考文献>
  Hayami and Hosoda (1988) Fortipecten takahashii,
  a reclining pectinid from the Pliocene of north 
  Japan. Palaeontology, 31 (2), 419-444.


天野研究室のホームページへ
自然系理科の教官一覧へ