ホーム  >  本学の取組­

本学の取組 本学の取組

取組テーマ

関越地域大学グループは、「産学協働による学生の社会的・職業的自立を促す教育開発」という取組の中に3つの取組テーマを設定しています。各大学は主として取り組むテーマの一つに属し、各大学の特徴を活かしてそのテーマに取り組む構成になっています。上越教育大学では、テーマ3(学生のキャリアパス・キャリア準備性の確立を目的とした教育実践の質向上)の取組テーマを推進します。

3つの取組テーマ

  1. 学生の社会的・職業的自立に関する教育の改善・改革
  2. 自律的人材育成のためのPBL 型インターンシップの高度化
  3. 学生のキャリアパス・キャリア準備性の確立を目的とした教育実践の質向上

テーマ3取組大学:上越教育大学(新潟県)、植草学園短期大学(千葉県)、駿河台大学(埼玉県)、西武文理大学(テーマ3代表校、埼玉県)

テーマ3における産業界および大学間の連携イメージ

本学の取組概要

上越教育大学は、教員養成大学という本学の特徴を活かしながら、テーマ3「学生のキャリアパス・キャリア準備性の確立を目的とした教育実践の質向上」を主に連携して取り組むことにより、学生の社会的・職業的自立の力を育てていくと共に教育界のニーズを超えた広範囲のインクルーシブ教育の普及・推進を図ることを目的としています。
教員養成大学における人材育成は、様々な教育課題を抱える教育現場において、積極的に課題に取り組むことができる活力ある教員を育てることにあります。現在、教育現場では発達障害のある児童、生徒への対応が大きな課題であります。多くの学級担任がこの問題に直面し、解決の糸口をつかめずに苦慮しており、心理的なトラブルを抱えて休職する教員も多く、地域の教育委員会では指導のための補助員を雇用し対処しているが追いつかない状況にあります。上越教育大学では地域の教育委員会と連携し学校支援活動を行っていますが、学校から寄せられる要望のほとんどが発達障害のある児童生徒を抱える学級の教育活動支援であります。
このニーズに応えるため、これまで学校へのボランティア活動を通して、インクルーシブ教育の理解と実践的指導力を付けさせる取組を行って来ました。この活動を継承し更に発展的に展開する事業を実施します。


このページの先頭へ戻る