1. HOME
  2. 概要

概要

 「学習臨床研究」は、これまで、子どもが自己を確立・表現できるように、常に子どもの学習の場面に臨み、子どもの学ぶ姿に学びながら、その子どもの学習の可能性を想定し、それを実現するプロセスを反省したうえで、次の実践へ向けた開発的教育活動を展開できるカリキュラム開発能力を備えた教員の養成を目指してきました。
 このような人間教育を重視した子どもの学びに寄り添った教育のあり方を探究することを基軸にしながら、知識基盤社会・グローバル時代に主体的に対応できる子どもを育成することが重要になりました。こうした新しい教育の潮流に応えるためには、グローバルな教育動向を視野(射程)に入れつつ、これまで以上に一人ひとりの子どもの学びの過程(実相)をとらえ、カリキュラム・教材を開発したり、新しい学習方法を開発したりすることが大切だと考えました。
 そこで、「学習臨床研究」は、コース名称を「グローバル・ICT・学習研究」と改称し、カリキュラムの充実を目ざすため、次の授業科目を新たに設定しました。

国際理解・地域教育デザイン

 グローバル化の進展により学校や地域社会に顕在化してきた教育的な諸課題を対象として、国際理解教育のカリキュラム・教材の開発方法、同学習の科学的な分析と評価に関する研究方法を学び、フィールドワークや実践・演習を通じて実践的指導力と教育研究の基礎を修得する。具体的には、カリキュラム・教材開発研究法と児童生徒の発達・特性の理解、評価に関する研究方法を統一的に学ぶことで、教員としての実践的指導力と教育研究の基礎を培う。なお、本事業を履修することで、新潟県国際交流協会が認定する「国際交流インストラクター」として、小・中・高等学校等に出向き、ワークショップを行うことができる。

ICTを活用した教育・情報教育デザイン

 学校教育における子どもの情報活用能力の育成やICT活用などの教育の情報化に対応できる教師の力量形成をめざすために、ICTツールに関する知識、ICT活用スキル、ICTの教育利用、情報教育の実践力を高めるための基礎を、以下の内容を通して学ぶ。

フィールドアクティビティデザイン

 自然体験や市民性・人権感覚育成プログラム、地域学習素材探索フィールドワークを通して、グローバル化する社会に求められる柔軟で強靭な相互理解を支えるコミュニケーション能力や多様な価値、習慣に対する寛容な態度を育成することのできる、参加、協力、体験型学習を推進するための経験的基盤・指導能力を実践的に習得・研究する。

探究型教科学習デザイン

 言語、数理、社会、自然を中心とする21世紀型スキルに基づく思考力、判断力、表現力を育成する、学習環境のデザインについて考えていく。教科のアイデアを用いて環境と相互作用的に関わる学習、あるいは教科の知識を探究的に学ぶ学習について、そのデザインに資する諸研究に触れるとともに、自らがそうした学習を経験することで、学習者の視点を持ちながら学習環境をデザインするための基礎の獲得を目指すものとする。

学習臨床カリキュラムデザイン

 学習研究とカリキュラム研究の国際動向をふまえ、子どもの学習場面や学校に密着した学習過程のデザイン、カリキュラム開発と評価、基盤となる学習観について学ぶ。

アクティブラーニングと学習研究

 アクティブラーニングは、学習者の認知的活動を活性化させ深化させる学びの方法である。本授業では、アクティブラーニングと総称される様々な教育方法やその理論的背景と実践事例をアクティブラーニングの手法を用いて学ぶ。
 また、アクティブラーニングを用いた授業における学習過程の分析/評価の視点と方法の理解を深め、学校教育における実践のあり方を学修する。
 アクティブラーナーとしての学修と、アクティブラーニングのデザイナーとしての学修の双方を学ぶことを通して、理論と実践の双方から適切に教育方法を選択する力量を形成する。