ホーム  >  大学紹介  >  公開情報  >  危機管理・その他  >  危機管理  >  入学者に対する麻疹(はしか)等の防止措置

大学紹介

入学者に対する麻疹(はしか)等の防止措置

麻疹(はしか)の抗体陽性を示す証明書の提出(必須)

本学では,教育実習や介護等体験を履修することから,実習校や社会福祉施設における感染拡大を未然に防止すること,及び適切な教育研究環境を確保するため,入学手続き時に,麻疹(はしか)について「抗体」を有していることの証明書を提出していただくことにしています。

「抗体」を有しているか否かについては,医療機関で麻疹(はしか)の抗体検査を受け,検査の結果,抗体陽性であった場合はその証明書を提出してください。抗体陰性もしくは低抗体価であった場合は,ワクチン接種とその後4週間後の抗体再検査を受け,陽性となった証明書を提出してください。

入学者及び保護者の皆様におかれましては,経済的な負担をおかけすることになりますが,何とぞ御理解と御協力をお願いいたします。

入学手続き時に証明書を提出いただけない入学者につきましては,教育実習や介護等体験などの対外的な教育活動について制限せざるを得なく,卒業要件単位の履修に支障を来します。

風疹,水痘,ムンプス(おたふく風邪)についての勧奨

風疹,水痘,ムンプス(おたふく風邪)についても,麻疹(はしか)と同様の目的で抗体の有無を検査していただき,検査の結果,陰性又は低抗体価であった場合にはワクチンを接種していただくことをお勧めいたします(必須ではありません。)。


このページは上越教育大学/総務課が管理しています。(最終更新:2011年03月23日)

このページの先頭へ戻る