ホーム  >  大学紹介  >  公開情報  >  危機管理・その他  >  研究費の不正使用防止に向けた取組  >  研究費の運営・管理に関わる者の責任と権限

大学紹介

研究費の運営・管理に関わる者の責任と権限

上越教育大学は,「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づき,競争的資金等の運営・管理に関する者及びその責任と権限の体系について,以下のとおり公表します。

最高管理責任者

最高管理責任者
職名 学長
責任と権限 研究費の運営・管理についての最終責任を負う者として,本法人全体を統括する。
最高管理責任者は,次に定める統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が責任をもって研究費の運営及び管理が行えるよう,適切にリーダーシップを発揮しなければならない。

統括管理責任者

統括管理責任者
職名 理事(総務・財務担当)
責任と権限 最高管理責任者を補佐し,研究費の運営・管理に関し本法人全体を統括する実質的な責任と権限を有し,不正使用防止の具体的な対策を策定・実施するとともに,その実施状況を確認し,最高管理責任者へ報告する。

コンプライアンス推進責任者

コンプライアンス推進責任者
職名 最高管理責任者(学長)が指名した副学長
責任と権限 研究費の運営・管理に関し実質的な責任と権限を有し,統括管理責任者の指示の下,次の事項を行う。
(1)不正使用防止対策を実施するとともに,その実施状況を確認し,統括管理責任者に報告する。
(2)不正使用防止を図るため,研究費の運営・管理に関わる全ての役職員等に対し,コンプライアンス教育を実施し,受講状況を管理監督する。
(3)役職員等が適切に研究費の管理・執行を行っているかモニタリングし,必要に応じて改善を指導する。

このページは上越教育大学/監査室が管理しています。(最終更新:2015年06月15日)

このページの先頭へ戻る