ホーム  >  大学紹介  >  公開情報  >  大学の教育活動に関する情報-学校教育法施行規則第172条の2に規定する情報-  >  第172条の2第1項第1号関係(目的)

大学紹介

第172条の2第1項第1号関係(目的)

大学・学部・大学院の目的

(本学の目的)
第1条

上越教育大学(以下「本学」という。)は,学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づき,学校教育に係る諸科学の研究を推進するとともに,教育者としての使命感と教育愛に支えられた豊かな教養,高い学識及び優れた技能を合わせ備えた有為の教育者を養成することを目的とする。

2 本学は,前項の目的を実現するための教育研究を行い,その成果を広く社会に提供することにより,社会の発展に寄与するものとする。

(目的)
第25条

学校教育学部(以下「学部」という。)は,学校教育に関する専門の学芸を教授研究し,広く豊かな知識を授けるとともに,教育実践の場における優れた指導能力を備えた初等教育教員を養成することを目的とする。

(目的)
第57条

大学院は,学校教育に関する理論と応用を教授研究し,広い視野に立つ精深な学識を授け,教育にたずさわる者の使命と熱意に応え,その研究研鑽を推進するとともに,初等中等教育の場において教育研究を創造的に推し進めることのできる能力と高度な実践的指導力を備えた有為の教育者を養成することを目的とする。

学部の専修の目的

(専修の目的)
第2条

学部の専修において学生に修得させるべき能力等の教育目標は,次の表に掲げるとおりとする。

専修の目的
専修名 目的
学校教育専修 臨床的視点から学校教育に関する専門の学芸を教授研究し,
広く豊かな知識を授けるとともに,教育実践の場における優
れた指導能力を備えた初等教育教員を養成することを目的と
する。
教科・領域教育専修 教科教育の多様な視点から学校教育に関する専門の学芸を
教授研究し,広く豊かな知識を授けるとともに,教育実践の場に
おける優れた指導能力を備えた初等教育教員を養成することを
目的とする。

大学院の専攻の目的

(専攻の目的)
第2条

大学院の専攻において学生に修得させるべき能力等の教育目標は,次の表に掲げるとおりとする。

専攻の目的
課程・専攻名 目的
修士課程 学校教育専攻 臨床的視点から幼稚園,小学校,中学校,高等学校及び特別支援
学校等における教育に関する理論と応用を教授研究し,広い視野に
立つ精深な学識を授け,教育にたずさわる者の使命と熱意に応え,
その研究研鑽を推進するとともに,初等中等教育の場において教育
研究を創造的に推し進めることのできる能力を備えた有為の教育者
を養成することを目的とする。
教科・領域教育専攻 教科・領域教育の多様な視点から学校教育に関する理論と応用を教授
研究し,広い視野に立つ精深な学識を授け,教育にたずさわる者の使命
と熱意に応え,その研究研鑽を推進するとともに,初等中等教育の場に
おいて教育研究を創造的に推し進めることのできる能力を備えた有為の
教育者を養成することを目的とする。
専門職学位課程 教育実践高度化専攻 教職に関わる精深な学識を授けるとともに,理論と実践の架橋・往還・
融合を通して,教育現場に生起する問題や事象について即時的に判断
し,対応する力量を備えた高度専門職業人としての初等中等教育教員
を養成することを目的とする。
Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のボタンよりダウンロードしてください。


このページは上越教育大学/企画・広報課が管理しています。(最終更新:2015年01月19日)

このページの先頭へ戻る