ホーム  >  大学紹介  >  公開情報  >  各種評価情報  >  各事業年度における業務の実績に関する報告書及び評価結果  >  H17事業年度/報告書  >  Ⅱ大学の教育研究等の質の向上に関する目標-1-(2)

大学紹介

Ⅱ大学の教育研究等の質の向上に関する目標-1-(2)

1 教育に関する目標
(2)教育内容等に関する目標

中期目標

教員養成と現職教員の研修を目的とする本学の教育研究を,学校の教育現場との知的・人的資源のダイナミックな循環の中に位置づけ,教職に対する意欲・適性と可能性を持つ学生,明確な研修課題を持つ現職教員,外国人留学生等を受け入れ,本学の目標に沿った教育課程の編成,教育方法の工夫・改善と成績評価等を行う。

アドミッション・ポリシーに関する目標

(学部)

  • 教員としての基礎的な適性を有する学生を受け入れる。
  • バランスのとれた基礎学力を有する学生を受け入れる。
  • 好奇心旺盛で、得意分野を有する学生を受け入れる。

(大学院)

  • 明確な研修課題を有する現職教員及び多様な社会人経験・学習経験を有する者を積極的に受け入れる。
  • 教員としての基本的資質能力を踏まえ,高度な専門性と実践的指導力の修得を目指す学生を受け入れる。
  • キャンパスの国際化を進め,異文化理解マインドを持った指導者を育成するため,外国人留学生を積極的に受け入れる。
教育課程,教育方法,成績評価等
  • 教育に関する臨床研究の成果に基づく教員養成目的に則したカリキュラムを編成する。
  • 附属学校等を活用した臨床的な教育課程・教育方法を重視する。
  • 他大学との連携・協力の円滑な推進にも配慮したカリキュラム編成を行う。
  • 現職教員の研修ニーズの増大・多様化やバックグラウンドの多様性に応じた教育課程・教育方法の工夫・改善を行う。
  • 学習意欲と教育効果を高めるため,成績評価の基準を一層明確にするとともに,適切な成績評価を行う。
このページの先頭へ戻る
中期計画

Ⅰ大学の教育研究等の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
1 教育に関する目標を達成するための措置
(2)教育内容等に関する目標を達成するための措置

○アドミッション・ポリシーに応じた入学者選抜を実現するための具体的方策

入学志願者に対する充実した説明会の開催やホームページの整備などによりアドミッション・ポリシーの普及を図るとともに,選抜方法の不断の見直しを図る。
入学者選抜方法の調査研究・センターの必要性について検討する。
以上のほか,学部については,高等学校訪問・進学相談等を積極的に実施するとともに,いわゆるAO入試について検討する。
大学院については,教員の研究テーマ・研究室紹介・研究シーズなどの情報公開をさらに充実させる。
また,協定校のハルビン師範大学からの受入れをはじめ,留学生の受入れを積極的に進める。

○教育理念等に応じた教育課程を編成するための具体的方策

臨床に関わる科目を一定単位必修とする。
他大学との連携・協力の円滑な推進にも配慮し,基本的なカリキュラムの構造のシンプル化について検討する。
教師としてのキャリア開発を促進し,プロフェッショナルな教職意識をもった人材を育成するため,附属学校の活用を含む『変化に対応できる教員を養成するキャリア開発プログラム』(仮称)の具体的計画を策定し,中期目標期間中に定着させる。

○授業形態,学習指導法等に関する具体的方策

少人数授業,ゼミナール,実験・演習の多様化・充実を図り,教育効果を高める。
マルチメディアを活用した教材作成,授業支援システムを導入し,中期目標期間中の定着を図る。
授業科目の開設に当たって,学生の科目選択の幅の確保に十分配慮する。
学生による授業評価の一層の充実を図ることにより,授業内容・方法等の改善に努める。
特に地理的・時間的制約の多い現職教員を対象とした遠隔授業システムの構築計画を平成16年度中に策定し,中期目標期間中の定着を目指す。

○適切な成績評価等の実施に関する具体的方策

履修科目・習得科目を適切に評価する方法に関し,GPA (Grade Point Average)システムの導入を検討し,平成16年度中に具体的方策を策定する。

このページの先頭へ戻る
年度計画

Ⅰ大学の教育研究等の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
1 教育に関する目標を達成するための措置
(2)教育内容等に関する目標を達成するための措置

○アドミッション・ポリシーに応じた入学者選抜を実現するための具体的方策として,次のことを行う。

(1)入学志願者のニーズを捉え,説明会の継続・充実を図る。

計画の進行状況等

入学希望者の視点に立った効果的な大学説明会となるよう,学部学生を「大学説明会マイスター」として任命し,企画段階から積極的な協力を得た結果,昨年度より33人増の469名の出席者を得た。大学院説明会についても内容の充実を図り,東京と上越で年3回実施し,前年度比6割増の180名の出席者を得た。

(2)AO入試に関して,他大学の調査・選抜方法等を含め,その必要性について検討するとともに,入試専任教員を配置したアドミッション・オフィス機能を持つセンターの必要性に関し結論を得る。

計画の進行状況等

AO入試等を先行実施している国立の教員養成系大学・学部におけるAO入試の実施状況等について調査・分析を行った結果,AO入試の拙速な導入は避けるべきであること,アドミッションオフィス機能を持つセンターは現時点においては必要ないこと,を確認した。

(3)積極的に近隣高校等への訪問・進学相談を実施する。

計画の進行状況等

県内外の高等学校8校への訪問又は進学説明会に参加し,本学への進学相談,大学説明会の案内に加えて進路担当教員の意向調査等を行った。さらに,民間企業の進学説明会に参加し,富山市,新潟市,長野市及び宇都宮市でそれぞれ複数校の学生に進学を促した。加えて,先方からの随時の大学訪問に対応し,11校402人の訪問者に本学の情報を提供した。

(4)本学との協定校の留学生受入れの方策を含め,多様な選抜方法の導入に関し調査検討する。

計画の進行状況等

留学生受け入れのための多様な選抜方法として,遠隔選抜及び現地選抜について調査を進めた。

○教育理念等に応じた教育課程を編成するための具体的方策として,次のことを行う。

(1)臨床に関わる科目の必修化について,カリキュラムを改善する方向で検討する。

計画の進行状況等

学部では,必修となっている臨床に関わる科目「実践セミナー」のほか,中教審の中間報告に対応して「教員養成カリキュラム委員会」を設置し,「教職実践演習(仮称)」の必修化について検討を開始した。また,大学院では「実践場面分析演習」等これまで必修化されてきた授業科目を現状に合わせて随時見直しており,大学院の専門性を考えると妥当であるとの結論を得た。

(2)本学のカリキュラムの独自性を考慮しながら「シンプル化」に向けた検討を行い,併せて,他大学との連携・協力の円滑な推進にも配慮し,カリキュラム編成に活かす。

計画の進行状況等

「シンプル化」の観点を学生に対するカリキュラムの解りやすさと授業科目の精選と捉え,授業科目区分等カリキュラムの構成については,既に充分シンプル化が図られているとの結論を得た。また,授業科目の精選については,各講座・分野に対して,授業・研究指導の実情と改善への取組についてアンケート調査を行い,各講座・分野での授業内容の調整等についての実情を把握し,カリキュラム編成に活かすこととした。

(3)『変化に対応できる教員を養成するキャリア開発プログラム』(仮称)を平成18年度までに策定し実施する。

計画の進行状況等

検討を進めてきた『変化に対応できる教員を養成するキャリア開発プログラム』(仮称)を,キャリア開発の根幹をなす教員の実践力養成という観点から,本学の独創的な教育実習プランを中心に体系化した『教職キャリア教育による実践的指導力の育成』としてまとめ,「特色ある大学教育支援プログラム」に申請した結果,採択され,現在実施中である。

○授業形態,学習指導法等に関する具体的方策として,次のことを行う。

(1)ゼミナール等の目標を具体化し,教育効果を高める。

計画の進行状況等

ゼミナール等の授業が,シラバスに記載された授業目標に照らして適切に実施されたかについて,授業評価アンケートを行った結果,大半の学生が授業目標を把握しており,授業内容についても高い満足度を示していることが確認された。

(2)平成16年度から3か年計画で,教員に講義支援システムの定着を図る。

計画の進行状況等

全教員を対象とした「講義支援システムの利用説明会」を年3回実施するとともに記録し,当日参加できない教員のために,学内LANを通じてその模様を配信した。その結果,利用者は対前年度比27%増となった。

(3)開設授業科目の必修・選択の区分の見直しについて検討し,平成18年度までに結論を得る。

計画の進行状況等

必修科目は全学生を対象とする場合のみとし,選択必修を基本として受講者の選択の幅を確保するように留意すること,また,教員免許に関わる必修科目は選択必修科目を基本とすることを含む授業時間割の編成方針を定めた。

(4)学生の希望する授業が重ならないように,時間割作成上のルールを検討し,平成18年度までに結論を得る。

計画の進行状況等

科目の割り振りは原則として共通的科目は1,2限に,専門的科目は3限以降に割り振る,必修科目は同一時間帯に位置づけ,学部の専門セミナー・実践セミナー及び大学院の実践場面分析演習は全学共通の時間帯に割り振る等を含む授業時間割の編成方針を定めた。

(5)授業評価方法及び評価結果の活用を含めた授業評価システムを検討し,実施する。

計画の進行状況等

従来の「授業に関するアンケート」を一部見直し,回答者(学生)と集計者の過重負担を避け,得られた結果を迅速に教員にフィードバックすることで,速やかに改善が図られるシステムとした。

(6)遠隔授業用コンテンツを整備し,定着を図る。

計画の進行状況等

講義型,参加体験型,自学自習型に加え,体育系の実習に対応したものも含めて17タイトルのコンテンツを作成し,作成方法の定着を図った。

○適切な成績評価等の実施に関する具体的方策として,次のことを行う。

海外を含めGPAシステムの実際に関する調査研究を行い,その意義を明確化し,具体的方策を策定する。

計画の進行状況等

国立大学を対象にGPAの導入状況を調査し,導入していると回答のあった12大学の実情を分析した。本学では,学部1年次必修科目においてGPAより一層評価が厳格な素点により専修・コース分けを行っている。


このページは上越教育大学/企画・広報課が管理しています。(最終更新:2013年04月08日)

このページの先頭へ戻る