上越教育大学大学院 修士課程 教育連携コース
上越教育大学

入試

入試の概要

 入試は,筆記試験と口述試験により行います。 

筆記試験

 以下に示す2領域にかかわる4問の中から自由に2問を選択して解答します。同じ領域から2問を選択することもできます。

1 教育学

 (教育の制度・経営・社会・思想に関すること)

2 教育心理学

 (児童生徒の学習と発達の心理的側面に関すること)

口述試験

 主として入学後の研究課題及び研究計画等について,研究希望等調書を参考にして試問します。

配点

筆記試験200点
口述試験300点

各種制度への対応

教育委員会からの派遣教員及び3年以上の教職経験者筆記試験を課しません
機関長(学長又は学部長)から推薦を受け出願する者筆記試験を免除します
教員採用試験合格者筆記試験を免除します

※応募条件等,詳細は「学生募集要項」を参照してください。

 なお,筆記試験を課さない受験者に関しては,口述試験の際,それぞれの制度に係る提出書類も参考にして試問します。

入試課による入試情報

試験準備のポイント

筆記試験

 筆記試験では,修論研究に向けて必要な教育学・教育心理学の基礎的知識と,それを論理的に記述する表現力を見ます。出題の際,私たちがおおよその目安としているのは,教員採用試験(教職教養)の教育学・教育心理学領域でよく出題されている程度の問題範囲と知識レベルです。

 教育連携コースには,学部段階で教育とは無関係の勉強をしている学生も多く入学してきますので,入試段階でそれほど専門的な学力を要求してはいません。とはいえ,教育学や教育心理学の基本的なものの見方・考え方がわかっていないと,修論のテーマもなかなか定まりませんので,教員採用試験レベルの勉強はしてきてください。

 もちろん,実際に出題する問題はちょっとひねった問題にしてあります。しかし,筆記試験で求めているのはそのレベルの基礎知識だということを頭に入れながら,勉強を進めてください。

 領域ごとに,もう少し具体的に書いておきます。

1. 教育学

2. 教育心理学

口述試験

 口述試験では,主に修論研究の内容についてお聞きします。2年間(免Pは3年間)の在籍期間の中で論文としてまとまりそうかどうか,コースの教員が指導可能かどうかを見きわめるためです。ですので,大学院でどのような研究をしたいのかについて,自分なりの言葉でしっかり説明できるようにしてきてください。

 できれば,研究テーマに関連する文献を1本以上読んでおき,その内容について答えられるように準備しておいてください。また,研究希望等調書に記載した研修歴(卒業研究を含む)についても質問しますので,答えられるよう準備してきてください。

 口述試験の時に,よく「大学院で○○について詳しく勉強したい」と抱負を語る人がいますが,勉強と研究とはまったくちがうものです。勉強というのは,すでにある知見を自分の中に取り入れる作業ですが,研究は逆に,自ら新しい知見を生み出して,世界に発信する過程です。

 幅広く勉強して知識を深めることは,もちろん大切なことですし,大学院生活の中でもおおいにやっていただきたいことではあります。また,研究などと大風呂敷を広げる前に,まずはしっかり勉強してから,と謙遜する気持ちもわからないわけではありません。しかし,口述試験でお聞きしたいのは,その問題について「自分ならこう考える」,「自分はこうとらえ直したい」という自己主張です。必ずしも専門用語を使う必要はありませんので,ぜひ自分の言葉で,自分の視点で,その問題について語ってください。

研究希望等調書の書き方

 研究希望等調書は,口述試験のときに面接官が参照し,それをもとに質問をします。ですので,「その時点で可能な限り具体的に」まとめるようがんばって準備してください。

 ポイントは2つ。とにかく最優先で考えてほしいのは,研究テーマをどうするかです。漠然とした,あるいは遠大なテーマなら語れるけれども,まだ具体的になっていないという受験生はけっこう多いのですが,私たちがとくにお聞きしたいのは,その中でも自分はこの部分に焦点を当てたい,この側面に強く興味を引かれている,といった具体的な研究テーマです。大学院の限られた期間内に研究としてまとめるためには,対象を絞り込む作業が必要になりますし,それによって,指導の方向性も少しずつ明確になっていくからです。自分の考えがまちがっているかもしれない,実現可能性が低いかもしれないなどと遠慮せずに,現時点での自分の考えを,しっかりと主張してください。

 次に考えてほしいのは,その研究テーマについて,自分はどんな方法で研究していきたいかという点です。教育学者の論説を徹底的に読み解く,実践報告書を集めて比較検討する,関係者にインタビューする,質問紙調査で大規模にデータを集める,実際に授業を工夫して実施してみるなど,同じテーマでもさまざまなアプローチがあります。同じインタビューでも,教員に聞くか児童生徒に聞くかで,まったくちがった視点の研究になります。その中で,自分はどんなアプローチを使ってテーマに迫ろうとするのかについて,ぜひ考えておいてください。

 聞きかじりの知識を使って無理やり具体的にする必要はありません(けっきょく口述試験の時にわかってしまいます)。「現時点での自分の考え」でいいので,できる範囲内でしっかり考えて,調書を作成してください。

アドミッション・ポリシー

 教育連携コースでは,教師と子ども・地域社会との連携や,初等教育から高等教育までの移行を支える連携など,連携という視点に立って,教育の在り方について専門的に追究しています。それを通じて,学校教育と子どもの発達を広い視野から俯瞰できる広い学識と深い理解に基づいて,教育実践における多様な連携をデザインし,コーディネートできる高度な実践的力量を備えた教育者を育成することを目的としています。

 本コースでは,これまでの教職経験を踏まえ更なる職能発達をめざす現職教員や,これから教員・研究者を志望する学生や社会人など,「常識」にとらわれない柔軟な思考力と,自ら考え行動する探究心を持ち,教育の現代的課題について,教育学や心理学の立場から深く追究したい人を求めています。