社会系コースとは

社会系コースとは

 社会とは誰にとっても身近で、そして同時に、複雑な存在です。アリストテレスが「人間はポリス的動物である」と述べたように、社会なくして人間はなく、人間なくして社会はありえません。家族や地域や国家や世界まで…多様な側面を持つ社会を理解し、社会的な思考力・判断力を養うことは、未来の社会を担う子どもたちが成長するために必要不可欠なステップとなります。

 上越教育大学大学院教科・領域教育専攻社会系コースは、子供たちに社会を伝える重要な社会的存在である、初等教育(小学校)、中等教育前期(中学校)社会科、高等学校地理歴史・公民科の教員およびそれらの教育職を目指す者に対して、教科に関する専門的学力の鍛錬と、教育者としての高度な資質能力の研鑽を行なうことで、「得意分野のある教員」を育成します。

 人文科学、社会科学、自然科学、社会科教育学などの専門的学問領域を専攻する教員陣による講義や修士論文指導を通じ、学生に「学問の力」を身に着けさせることで、多角的な視点と、精深な学識に基づく創造的・自立的な思考力を有した人材を育成することが、本コースの目的です。

社会系コースとは、「学問の力」+「実践の力」=「得意分野のある教員」