ホーム  >  学校教育学部  >  専修・コースの紹介  >  言語系コース

学校教育学部

言語系コース

言語系コースは,『国語』と『英語』の2つの科目群で構成されています。

国語

「国語」では,国語学・国文学・漢文学・書写書道・国語科教育の各専門領域にわたり,基礎の学力を確実に身に付け,さらにその上に高度な学問的な成果が学び得られるように授業が組み立てられています。

国語学では,日本語の音声・音韻・表記・語彙・文法・文章・文体などに関して,関 連資料を幅広く講読するとともに,日本語の使用実態を具体的に分析する授業を行います。国文学では,代表的な古典の講読・演習を通じて古典を深く理解する方法を学び,また,近・現代作家の作品の主題や構造を把握するための方法を学ぶ授業が組まれています。漢文学では,思想・史伝・詩文関係の資料の講読を行う授業が用意されています。書写書道では,姿勢や持ち方・筆順・字形などの文字を書くことに関する事項や,書の基礎に関する講義,硬筆毛筆の実技に関する講義・実習を受けることができます。国語科教育では,国語科教育の目標・教材・学習指導法など,多角的な視点からその原理と実践について検討することを通じて,国語科教育の全体像の把握ができるような授業が組まれています。

なお,2年次後期から,各自の希望に応じて,国語学・古典文学・近代文学・書写書道・国語科教育などのセミナーに参加して,各担当教員の指導の下で専門レベルの学習・研究に取り組むことになります。

英語

「英語」は,中学校・高等学校における英語教育と,小学校における外国語活動に関して,実践力のある教員を養成することを目的としています。

そのために,英語および英米文化,あるいは広く異文化に興味を持ち,学習意欲の旺盛な人を歓迎します。そのような学生を受け入れて,英語によるコミュニケーション能力を育成するとともに,英語科教育,小学校英語教育,英語学及び異文化コミュニケーションに関する理論的・実践的な研究を指導します。

英語科教育では,英語科教育の理論と方法,教材,評価方法,言語習得,実践的な英語コミュニケーションなどについて,多角的な視点から学びます。小学校英語教育では,支援・指導方法,教材・教具作成方法などについて,理論と研究方法を学びます。英語学では,英語の音声,歴史,文法について基本的事項を学習する授業や,英語学の個別のテーマについて掘り下げて検討を行う演習の授業が用意されています。英語文学では,英語文化圏における小説などをたのしむことを目的としています。異文化理解では,社会のグローバル化に対応し,多文化共生を支援し,異文化理解マインドを持った人材育成を目指しています。

また,本学では,LL教室とコンピュータが融合したマルチメディア語学教室での授業や,外国人教師による授業も取り入れられており,多様で充実した学習が可能です。


このページは上越教育大学/教育支援課が管理しています。(最終更新:2016年04月05日)

このページの先頭へ戻る