ホーム  >  学校教育学部  >  卒業要件と取得できる免許状・資格

学校教育学部

卒業要件と取得できる免許状・資格

学部に4年以上在学し,卒業要件の132単位を修得することで卒業要件を満たすことにより学士(教育学)の学位が授与されるほか,小学校教諭一種免許状を取得することができます。(学校教育専修幼児教育コースを卒業した学生は,幼稚園教諭一種免許状も合わせて取得することができます)また,所要の単位を修得することにより,幼稚園教諭の一種又は二種の免許状,特定教科の中学校教諭の一種又は二種の免許状,特定教科の高等学校の一種の免許状を取得することができます。(ただし,授業時間割の制約上,希望する免許状が取得できないこともあります。)

卒業要件に含まれる免許状

小学校教諭一種免許状(学校教育専修(幼児教育コースを除く),教科・領域教育専修)
小学校教諭一種免許状及び幼稚園教諭一種免許状(学校教育専修幼児教育コース)

所要の単位を修得することにより取得可能な免許状

  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 中学校教諭一種免許状
    • 国語,社会,数学,理科,音楽,美術,保健体育,保健,技術,家庭,英語
  • 高等学校教諭一種免許状
    • 国語,地理歴史,公民,数学,理科,音楽,美術,工芸,保健体育,保健,家庭,情報,英語

卒業・免許状要件単位数

卒業・免許状要件単位数(平成29年度入学者)
区分 学校教育専修
(幼児教育コースを除く)
学校教育専修
幼児教育コース
教科・領域教育専修
卒業
小1
幼2 幼1 中2 中1 高1 卒業
小1
幼1
中2 中1 高1 卒業
小1
幼2 幼1 中2 中1 高1
人間教育セミナー(注1) 2 2 2
実践的人間理解科目(注1) 16 16 16
基礎的人間形成科目(注1) 18 +6 +12 +4 +4 +2 30 +4 +4 +2 18 +6 +12 +4 +4 +2
相互コミュニケーション科目(注2) 9 9 9
ブリッジ科目(注3) 20 +16 +26 +26 20 +16 +26 +26 20 +16 +26 +26
専門科目(注4) 30 16 30
教育実践科目(注5) 31 +2 +2 +7 +7 +7 33 +7 +7 +7 31 +2 +2 +7 +7 +7
教職実践演習科目(注6) 2 2 2
卒業研究(注7) 4 4 4
合計 132 140 146 159 169 167 132 159 169 167 132 140 146 159 169 167

中2・中1・高1は,最大値(ブリッジ科目及び専門科目の取得の仕方によって若干減少する)
(注1):教員の原点である人間理解を,体験と観察・参加を通じて実践的に深める。
(注2):初等教育教員として求められている教育的情報処理能力と表現能力を育成する。
(注3):十分な基礎学力を補習し,かつ初等の教科専門性を培い,さらに専門科目への橋渡しをする。
(注4):総合的かつ専門的な問題解決能力の形成を目指す。
(注5):各教科の指導法,ガイダンス及び教育実習によって教育実践力を養成する。
(注6):教員として必要な知識技能を修得したことを確認する。
(注7):専修・コースの専門科目に関する修業を集約発展させ,その成果をまとめあげる。

平成28年度卒業生の教員免許状取得状況PDFファイル[48KB]

保育士の資格取得

  • 保育士の職務
    保育士とは,児童福祉施設において,児童の保育に従事する者をいいます。
  • 保育士の資格
    • 本学において,児童福祉法施行規則(昭和23年厚生省令第11号)の定めるところに従い,所要の単位を取得することによって保育士資格を取得することができます。
    • 保育士資格を取得できる学生は,幼児教育を学ぶ意志があり,かつ,幼稚園教諭一種免許状の取得を希望する学生で,1学年20人までです。

社会教育主事の資格取得

  • 社会教育主事の職務
    社会教育法に基づく社会教育の専門的職員であり,学校の教育課程として行われる教育活動を除き,主として青少年及び成人に対して行われる組織的な教育活動(体育及びレクリエーションの活動を含む。),その他これと関連するものについての専門的事項をつかさどる者をいいます。
  • 社会教育主事の資格
    大学に2年以上在学して,62単位以上を修得し,かつ,大学において文部科学省令で定める社会教育に関する科目の単位を修得した者で,1年以上社会教育主事補の職にあったものが社会教育主事となる資格が得られます。本学で開講している必要な授業科目を受講すれば,同資格が得られます。
    なお,資格認定は地方公共団体の教育委員会等が行います。

学校図書館司書教諭の資格取得

  • 学校図書館司書教諭の職務
    学校図書館司書教諭とは,小学校・中学校・高等学校等に設置されている学校図書館において,学校教育に必要な資料を収集・保存して,児童又は生徒及び教員の利用に供することによって教育課程の展開に寄与するとともに,児童又は生徒の健全な教養を育成することを目的とする専門的職務に従事する教員をいいます。
    なお,一般図書館の司書とは異なります。
  • 学校図書館司書教諭の資格
    大学等の教育機関で実施される「学校図書館司書教諭講習」を受講し,文部科学省令に定める単位を修得した者に資格が与えられます。この講習は,教諭普通免許状を有する者の他,大学に2年以上在学する学生で62単位以上修得した者も受講することができます。
    また,大学で学校図書館に関する科目の全部又は一部を修得した者は,この講習に申し込むことにより,修得済科目の講習を受けなくても資格を得ることができます。本学では,これらの授業科目を開講しています。
    なお,講習修了者には文部科学省から修了証書が授与されます。

このページは上越教育大学/教育支援課が管理しています。(最終更新:2017年05月11日)

このページの先頭へ戻る