ホーム  >  学校教育学部  >  専修・コースの紹介  >  社会系コース

学校教育学部

社会系コース

社会科に関連する人文科学・社会科学・自然科学の諸領域について総合的・専門的な研究・教育を行います。この目的を達成するために,

  • 社会認識の歴史的変遷の跡をたどること
  • 社会構造を明らかにすること
  • これらの研究成果を教育実践に有機的に関連づけること

以上の諸点を重視しています。1年次では人間教育学関連科目の学習が中心となりますが,2年次からは,歴史学,地理学,法律学,政治学,経済学,社会学,哲学,倫理学,宗教学,社会科教育の講義や実験の履修が始まります。さらに,3年次からは多数の専門科目やセミナーの科目が開講されます。具体的には,歴史学,地理学,法律学,経済学,宗教学,社会科教育の講義及び文献講読が開講されると共に,卒業研究へ向けての各分野のセミナーが始まります。セミナーは4年次にも開講され,2年間にわたって,きめの細かい指導を受け,卒業論文を作成することになります。

また,野外に出て実践的な調査法を学ぶ地域調査法が歴史学,地理学とそれぞれ開講されていること,教育実践力を養う実践セミナー「社会」が開講されていることも本コースの特徴です。

以上のように,社会系コースは各分野の専門性を保ちながらも,その学際性を生かすことに留意し,意欲のある学生を心から歓迎しています。


このページは上越教育大学/教育支援課が管理しています。(最終更新:2011年06月30日)

このページの先頭へ戻る