ホーム  >  キャンパスライフ  >  学生生活  >  在学生の声  >  金子 善則さんからのメッセージ

キャンパスライフ

金子 善則さんからのメッセージ

掲載している学年は平成29年度のものです。

大学院学校教育研究科(専門職学位課程)
教育実践高度化専攻 教育臨床コース 1年 金子 善則さん

金子 善則さん

現職院生
新潟県公立学校教諭


メッセージ

 新潟県の現職院生として上越教育大学教職大学院に入学して1年が経とうとしています。
 大学院生活を送る中で,「現場に戻りたい」と感じることが何度もありました。それは,大学院生活が大変だから,ということではありません。日々の講義やゼミで得ることができた知見が実に多く,それを「早く試してみたい」という気持ちからです。
 再び現場に身を置くことで,新しい視点で子どもたち,授業,そして学校というものを捉え,「以前よりも質の高い実践をしていく」という希望を胸に抱いています。
 教職大学院のコンセプトは,「即応力」「臨床力」「協働力」です。それらを重視したカリキュラムは,理論ばかりでも,実践ばかりでもなく,理論と実践の往還を期したものと言えます。そこには,常に現場をイメージしながら自らの実践を振り返り,さらなる実践につなげるための学びがあります。
 研究を進めていく過程で,ときには迷うこともありますが,そういったときには,アドバイザーである先生方が的確な助言をくださったり,院生の仲間との交流を通して考えを広げたりすることができます。そういった恵まれた環境で学べることに感謝しつつ,今後も現場に立っている自分をイメージしながら研究に取り組みたいと思っています。


このページは上越教育大学/学生支援課が管理しています。(最終更新:2017年12月15日)

このページの先頭へ戻る