ホーム  >  大学紹介  >  国際交流  >  学生の海外留学・研修

大学紹介

学生の海外留学・研修

本学学生の海外留学は,「海外留学支援制度(協定派遣)」に基づいた交流協定校への留学を主体としています。
また,本学では,「異文化理解マインド」を持った教員を養成していくために,外国の交流協定校等を訪問し,現地で短期間の研修を行う「海外教育(特別)(実践)研究」や「海外フィールド・スタディ」という授業が用意されています。
その他の留学については,国際交流推進センターで相談に応じています。

海外留学支援制度(協定派遣)

派遣留学先
派遣期間

出発月を8月~11月とし,6ヶ月以上12ヶ月以内の派遣になります。

奨学金

この制度による派遣に対しては,派遣期間中,派遣国に応じて月額60,000円から80,000円の奨学金が支給されます。
(返納義務はありません。)

募集時期・応募方法

講義棟301の掲示板及びポータルサイトにより周知しますので注意してください。

選考方法

学内での面接試験及び健康診断により選考します。

留学中の授業料及び取得単位の取り扱い

交流協定校への派遣は,派遣先協定校での授業料は原則免除されます。

留学相談

各交流協定校には,連絡調整をする担当教員(協定校アドバイザー)がいます。
協定校アドバイザーには,派遣留学のことや語学学習,派遣先での生活・修学等の相談…等,をすることができます。

海外派遣留学生実績
区分 派遣国名 大学等名 23年度
24年度
25年度
26年度 27年度
協定校への派遣
(海外留学支援制度(協定派遣)を含む)
中 国 北京師範大学 1
韓 国 韓国教員大学校 1
台 湾 国立新竹教育大学 2 1
チェコ カレル大学 2
トビタテ!留学JAPAN
日本代表プログラム
ネパール ナマステネパール語協会
ナマステコミュニティ財団
ネパール
1
日本語教師アシスタント アメリカ リッチモンド
エレメンタリースクール
1
語学研修・研究 ドイツ カール・デュイスベルク・
センター
1
イギリス リーズ大学 1 1
アメリカ サウスイーストミズーリ
州立大学
1 1
イギリス ノッテインガム・トレント
大学
1
このページの先頭へ戻る

海外教育(特別)(実践)研究

目的

外国での短期間の生活を通じて,その国の教育の実態及びその背景をなす文化に直接触れ,自国とは異なる教育の制度・内容等の理解の深化を図り,教育者として必要とされる広い視野や高い見識及び豊かな人間性の育成を図ることを目的としています。

実施時期

休業期間中(約10日間)

授業科目・実施場所
授業科目・実施場所
学部 人間教育学関連科目・異文化理解:2単位
「海外教育研究B」(H28年度:アメリカ)

「海外教育研究C」(H28年度:韓国)

「海外教育研究A」(H29年度:オーストラリア)

「海外教育研究E」(H29年度:台湾)
大学院 専門科目・学校臨床研究に関する科目:2単位
「海外教育特別研究B」(H28年度:アメリカ)

「海外教育特別研究C」(H28年度:韓国)

「海外教育特別研究A」(H29年度:オーストラリア)

「海外教育特別研究E」(H29年度:台湾)
プロフェッショナル科目・教育実践リーダーコースに関する科目:2単位
「海外教育実践研究B」(H28年度:アメリカ)

「海外教育実践研究C」(H28年度:韓国)

「海外教育実践研究A」(H29年度:オーストラリア)

「海外教育実践研究E」(H29年度:台湾)
            
報告
このページの先頭へ戻る

海外(実践)フィールド・スタディ

目的

海外の教育現場において,大学院生自身の目的に合わせた研修の場を与えることを目的として開講します。学校現場実践(授業参観,授業実践,教員アシスタント,現場教員との交流,児童・生徒との交流),滞在期間中のホームスティにより,異文化体験,及び学校現場をフィールドとする比較研究等を行う機会を得ます。

実施時期

事前学習として3~4ヶ月,実践(現地学校研修)として2~3月に1ヶ月,事後学習として2~3ヶ月を行います。
詳細はシラバスをご覧ください。

取組紹介
実践報告
このページの先頭へ戻る

その他の留学・研修プログラム

協定校における短期語学研修プログラムなど,学生の自主参加による留学・研修プログラムについては,国際交流推進室に問い合わせください。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のボタンよりダウンロードしてください。


このページは上越教育大学/研究連携課が管理しています。(最終更新:2017年05月08日)

このページの先頭へ戻る