ホーム  >  大学紹介  >  国際交流  >  留学生教育・日本語教育

大学紹介

留学生教育・日本語教育

外国人留学生補講プログラム

外国人留学生が受講する補講プログラムです。
日本語運用能力向上を図るため受講すべき「必修科目」と,受講することが望まれる「選択科目」とがあります。

必修科目
必要補講
授業科目名 担当者 授 業 概 要 開講 対象
日本語研究発表A 大野 プレゼンテーションの方法
大学の授業等で必要なスピーチや発表のための基礎を行う。
前期 研究生
特別聴講学生
日本語研究発表B 太田 後期
日本語文献講読A 大野 文献のまとめ方
資料の収集と整理の方法を行う。
前期
日本語文献講読B 志田 後期
日本語レポート作成A 大野 レポート作成の方法
大学の授業のレポート課題や修了レポートの作成のための基礎を行う。
前期
日本語レポート作成B 志田 後期
多文化比較研究A 未定 文化比較研究の方法
日本と外国と文化比較の手法を学び,その成果を地域の学校等で紹介できるよう授業案を作成する。
休講 研究生
特別聴講学生
大学院生(希望者)
多文化比較研究B
日本語・日本文化研究セミナーA 指導
教員
修了レポートの作成
指導教員のもとで各自日本に関する研究課題を立て,修了レポートを作成,発表を行う。
前期 研究生
特別聴講学生
日本語・日本文化研究セミナーB 後期
基礎日本語A 未定 日本語能力初級を対象とする。
日本語の基礎能力を高める。
前期 研究生
基礎日本語(会話)B 三好 日本語能力初級を対象とする。
基本的な「話す」力と「聞く」力を高める。
後期 研究生
特別聴講学生
基礎日本語(読解)B 太田 日本語能力初級を対象とする。
基本的な日本語の文章を「読む」力をつける。
後期
基礎日本語(作文)B 太田 日本語能力初級を対象とする。
基本的な日本語の文章を「書く」力をつける。
後期
日本語実用検定準B級
対策講座
大野 日本語実用検定準B級の対策,試験準備講義 特別講義 研究生
特別聴講学生
大学院生
日本語・日本事情I
田島 日本語運用能力の習得及び背景知識として必要な日本事情の学習を通して授業を受講する際に必要となる総合的な能力の育成を目指す。(※注釈) 前期 研究生
特別聴講学生
大学院生(希望者)
日本語・日本事情II
田島 後期
国際交流セミナー 田島 日本人学生と留学生との交流体験を通して,国際理解の場面において重要な役割を果たす異文化コミュニケーションの実践的能力の育成を目指す。(※注釈) 後期 研究生
特別聴講学生
大学院生(希望者)

「日本語・日本事情Ⅰ」「日本語・日本事情Ⅱ」「国際交流セミナー」は,初めて上越教育大学に入学した留学生を対象とする科目であり,特に,日本滞在期間の短い留学生(大学院学生も含む)は,受講するものとします。

日本語補講については,授業担当者が,受講者の出席率,履修状況,試験の成績などを総合的に判断し,当該補講の修了を判定します。大学は,修了した補講について補講履修証明書を発行します。

選択科目
選択科目
授業科目名 担当者 授 業 概 要 開講 対象
国際交流体験演習 田島 日本人学生と留学生との交流体験を通して,国際理解の場面において重要な役割を果たす異文化コミュニケーションの実践的能力の育成を目指す。(※注釈) 休講 研究生
特別聴講学生
大学院学生(希望者)

(※注釈)の科目はシラバスで詳細をご覧いただけます。

教員研修留学生プログラム

本学大学院は現職教員の専門職としてのさらなる質の向上のための再教育をひとつの目的としており,多くの現職教員が在学しています。本プログラムでは日本人現職教員と高度の学習と研究を行います。
募集についてはこちらをご覧ください。

日本語・日本文化研修留学生プログラム

特別聴講学生として,一般学生とともに授業科目を受講し,単位を取得するプログラムです。
留学生ひとりひとりのニーズを尊重しながら,日本語及び日本文化に関し,体験を通して理解を深めることができます。なお,留学生の興味・関心を考慮して,指導教員が関係教員の協力を得てカリキュラムを編成します。
募集についてはこちらをご覧ください。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のボタンよりダウンロードしてください。


このページは上越教育大学/研究連携課が管理しています。(最終更新:2017年11月16日)

このページの先頭へ戻る