ホーム  >  大学紹介  >  教育研究  >  教育研究の取組  >  先導的大学改革推進受託事業  >  先導的大学改革推進受託事業(平成22,23年度)

大学紹介

先導的大学改革推進受託事業(平成22,23年度)

事業のテーマ

教科専門と教科教育を架橋する教育研究領域に関する調査研究

事業の趣旨

現在、教員養成系大学・学部では、学校現場の課題に対応できる実践的な能力を兼ね備えた教員を養成することが課題になっているが、教員養成系大学の教員の専門分野は、現状では、教科に関する学術的な内容を教える教科専門と、教科の指導法を教える教科教育に大きく分かれており、教科専門と教科教育を架橋する教育研究領域の確立が急務であるとの指摘があります。
本委託事業は、これらの指摘を受けて、現状の教科専門と教科教育の架橋に係る課題や、諸外国の状況を踏まえて、教科専門と教科教育を架橋する教科内容について検討を行い、カリキュラムの開発及びカリキュラムの内容を検証するための試行を実施するものです。

シンポジウムの開催

開催状況は次のリンクのとおりです。

研究成果報告書(平成23年度とりまとめ)

報告書の全文を一括ダウンロードしてご覧になれます。

報告書の目次ごとのデータをご覧になれます。

関連リンク

Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のボタンよりダウンロードしてください。


このページは上越教育大学/教育支援課が管理しています。(最終更新:2012年11月28日)

このページの先頭へ戻る