ホーム  >  公開情報  >  危機管理・その他  >  研究活動における不正行為(研究成果の捏造,改ざん,盗用)の告発受付窓口

公開情報

研究活動における不正行為(研究成果の捏造,改ざん,盗用)の告発・相談受付窓口及び責任体制

上越教育大学では,「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)」を踏まえ,上越教育大学の研究活動における不正行為の防止及び対応に関する規程等を制定し,併せて不正行為の告発・相談受付窓口を以下のとおり設置しております。


告発・相談受付窓口

上越教育大学
研究活動の不正行為に関する告発・相談受付窓口

〒943-8512 上越市山屋敷町1番地
TEL:025-521-3226(研究連携課長)
フォームで問い合わせる
(注釈)電話による受付時間は,平日8時30分~17時15分です。

留意事項

告発等を受付ける際には,告発者の氏名・連絡先,不正を行ったとする研究者・グループ,不正行為の態様,不正とする科学的根拠,使用された研究費等について確認させていただくとともに,調査にあたって告発者に協力を求める場合があります。
また,調査の結果,悪意に基づく告発であったことが判明した場合には,告発者の氏名の公表,懲戒処分,刑事告発があり得ることを申し添えます。

不正行為防止のための責任体制

最高管理責任者: 学長 林 泰成
 不正行為の防止について最終責任を負う者で、研究倫理教育責任者及び部局長が責任を持って不正行為に関する措置を適切に行うことができるよう、必要な措置を講じます。

研究倫理教育責任者: 研究担当副学長 天野 和孝
 研究者に対する研究倫理教育を実施し、その受講状況を把握し、未受講の研究者等に対し必要な指導を行うことについて責任と権限を有します。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のボタンよりダウンロードしてください。


このページは上越教育大学/研究連携室が管理しています。(最終更新:2021年09月27日)

このページの先頭へ戻る

サイトマップを開く