ホーム  >  公開情報  >  危機管理・その他  >  研究費の不正使用防止に向けた取組  >  研究費不正防止に関する責任体系(イメージ図)

公開情報

研究費不正防止に関する責任体系(イメージ図)

上越教育大学では研究費(本学の責任において管理する全ての事業経費)の不正防止のために,次のような体制をとっています。
中心は最高管理責任者としての学長,統括管理責任者としての事務局長,コンプライアンス推進責任者としての副学長及び役職員等が,不正使用防止計画推進室,調査委員会を設置します。
教職員,学外者への窓口は,通報関係が監査室長,手続等の相談関係が財務課及び申請担当課としています。
また外部・内部を合わせた監査機関を持ち,連携して不正防止に努めます。
こうした体制の下で,
(1)研究費不正使用防止計画等の策定
(2)役職員等への研修の実施
(3)問題点、リスク等の洗い出し
(4)責任の範囲、権限をホームページ上に公表
(5)全ての構成員から誓約書を取ることに対しての周知
等を行っています。

研究費不正防止体制のフロー図
Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のボタンよりダウンロードしてください。


このページは上越教育大学/研究費不正使用防止計画推進室が管理しています。(最終更新:2021年04月02日)

このページの先頭へ戻る

サイトマップを開く