ホーム  >  上廣道徳教育アカデミー  >  活動目標・計画

活動目標・計画

活動目標
  • 新潟県上越地区や新潟県内の義務教育諸学校ならびに高等学校、及び教育委員会、教育センター、道徳教育の充実に関する研究団体等、また、隣接した県の義務教育諸学校ならびに高等学校、及び教育委員会、教育センター、道徳教育の充実に関する研究団体における道徳教育やその要としての「特別の教科 道徳」(道徳科)の推進・充実に関する研修の場において、研修カリキュラムを展開する。(第1期からの継続事業)
  • 教育委員会等と連携し、協定を結んだ拠点校における研修事業を重点的に展開し、広く近隣諸学校への情報や研修の発信拠点とする。(新規事業)
  • 上越教育大学と協働しながら、教員や教員を目指す大学院生、学生を対象とした研修会を開催する。(第1期からの継続事業)
  • 県内外の特別支援学校と連携し、特別支援教育における道徳授業のモデルを作成する。(新規事業)
  • 特別支援教育における道徳授業の推進に関するネットワークを構築する。(新規事業)
  • 研究大会(シンポジウムを含む)の開催。
活動計画

アカデミーの目標を達成するための活動の詳細は、以下のとおり。(概要については図1参照)

  • 研修・人材育成機能として(講師派遣事業中心)
    (1) 各種研修会への講師派遣事業
     ① 教育委員会、教育センター、各学校、各種研究団体主催の研修会に本アカデミーの職員を 講師として無償にて派遣する。(オンラインを含め、内容や形態などはその都度相談)
     ② 研修拠点校への派遣事業
      ・上越地区(小学校・中学校各1校)、中越地区(中学校1校)、新潟市(小学校1校)と覚書を締結し、各研修拠点校での研修会を複数回実施、広報活動を通じて、近隣の学校や教員の参加を募る。

    (2)特別支援教育における道徳授業モデル作成
     ○ 県内外の特別支援学校に研究協力依頼をする。
      ・道徳授業のモデルを作成し研究協力校でも実践を通して、モデルの評価を行いながら、授業モデルの蓄積を行う。
      ・前述の授業公開、授業参観などの企画・運営を行う。
      ・県内外含め、情報交換を中心としたネットワークを構築し、オンラインによる情報交換や研究発表等を行えるようにする。
      ・授業モデルをホームページ等から広く発信する。(動画配信5モデル以上)

    (3) 研修会の企画・運営
     ① 上越教育大学学校教育実践研究センター主催の「水曜講座」に講座を開設し、道徳教育の理解や道徳科の授業力向上等に関する研修を提供する。(年間4回程度)
     ② オンラインによる授業相談会を開催する。(随時)
     ③ 研究大会、シンポジウムを開催し、広く研修の場を提供する。

    (4) 所長を通しての、道徳に関する大学(大学院)の科目の授業補助
  • 研究機能として
    (1) 研修カリキュラムに関する研究(第1期の継続)
     
    (2) 特別支援教育における道徳授業のモデルの作成に関する研究
     「特別支援教育における道徳授業モデルの作成」で実践的に蓄積した内容を、発表・発信したり、意見交換したりする。

    (3) 構成員の個人研究
     ① 学会や研究会等に積極的な参加を推進し、情報収集や情報交換の充実を図る。
     ② 各構成員の個人研究を推進するとともに、その成果を、上述の研修・人材育成機能に生かしていく。

    (4) 運営諮問委員会による外部評価とそれに基づく改善


図1:目標達成のための活動内容


このページは上越教育大学/上廣道徳教育アカデミーが管理しています。(最終更新:2021年04月07日)

このページの先頭へ戻る

サイトマップを開く