ホーム  >  大学紹介  >  教育研究  >  教育研究の取組  >  理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業

大学紹介

理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業

画像

 本事業は,平成22年度に独立行政法人科学技術振興機構(JST)の「理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業」に提案した「科学リテラシーと観察・実験指導能力に優れたCST養成プロジェクト」として採択を受け,平成22年度~平成25年度の4年間,JSTの経費支援を受けながら小・中学校の理科教育において中核的な役割を担う教員(CST)を養成するためのプログラムを実施してきました。平成26年度以降も,新潟県及び新潟市の教育委員会等と共同し,本学の取組としてCSTの養成事業を継続して行っています。

 本プロジェクトは,CST養成の場として上越教育大学の施設だけでなく,新潟県が持つ全国的にもユニークな施設であり,理科教育支援拠点としての実績を持つ「地区理科教育センター」等を活用し行っています。県内全域を分担する16地区理科教育センター等へCSTを配置し,そこでの実践的な実習(CST支援実習)を必須とする養成プログラムを実施することにより,科学リテラシーと観察・実験指導能力に優れたCSTの養成を図っています。

 CSTとは,理科の指導力に優れた小・中学校教員として自ら教育実践を行うとともに,研修会や教材開発で中心的な役割を果たすことなどにより,地域の理科教育の質を向上させる教員です。養成プログラムを修了し,相応しい教育実践実績を持つ教員にはCST認定証が交付されます。
 CSTは,指導主事,地区理科教育センター協力員など地域の理科教育振興の中核としての活躍が期待されます。

 この事業は,平成21年度からJSTによる公募が行われており,平成21年度は,お茶の水女子大学など7大学・教育委員会,平成22年度は,本学など5大学・教育委員会が採択され,これまでに全国16都府県で実施されています。


画像


企画の概念図PDFファイル[424KB]このリンクは別ウィンドウで開きます

CST養成プログラムの概要

現職教員大学院生用PDFファイル[191KB]このリンクは別ウィンドウで開きます
教育職員免許取得プログラム大学院生用PDFファイル[184KB]このリンクは別ウィンドウで開きます
平成30年度コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成事業実施報告書 [PDFファイル] PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

関連サイト

上越教育大学研究連携室
〒943-8512 上越市山屋敷町1番地
TEL:025-521-3615
FAX:025-521-3621

Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のボタンよりダウンロードしてください。


このページは上越教育大学/研究連携課が管理しています。(最終更新:2019年11月08日)

このページの先頭へ戻る