ホーム  >  大学紹介  >  教育研究  >  研究助成等の公募情報

大学紹介

研究助成等に係る公募情報

《新潟大学RETOPを利用した公募情報検索》学内限定情報

※研究助成への応募を希望される方は、申請期限の2週間前までに研究連携課研究連携チーム(内線:3669)へご連絡ください。

公募情報検索(外部資金)
新潟大学と利用契約を締結している「新潟大学研究支援トータルパッケージ事業(RETOP)」のサービスです。新潟大学に通知のあった公募が共有されていますので、ご活用ください。
※学内LAN以外からはアクセスできません。

《研究助成検索関連リンク》

※外部リンク情報の利用にあたっては、各サイトの利用規約を事前にご確認の上、ご利用ください。
JFC公益財団法人助成財団センター
各財団等の公募情報が入手できます。

コラボリー/Grants(研究助成)|研究者のための研究助成情報
研究開発に関する助成・奨学金や研究・調査委託情報を研究者に提供するポータルです。国・民間助成団体等の公募情報・採択実績をワンストップで検索できます。検索条件を登録することで、自動的にメール連絡を受けることも可能です。

e-GRANT研究資金情報|キーエンス
官公庁や財団など各機関が実施する競争的資金の公募情報を公開しています。新着情報をメール配信するサービスも実施中。助成金カレンダーもダウンロード可能です。

グラント・スクエア研究開発の助成金、奨学金ポータルサイト
財団など各機関が実施する助成の公募情報がシンプルなHPに掲載されています。目的の助成金の公募開始時に連絡が届くサービスもあり、採択実績からの検索も可能です。

リバネス研究費
40歳以下の若手研究者(ポスドク、大学院生含む)を対象とする、産業界と連携した民間設置型の研究助成です。

《本学宛に研究助成団体から届いている公募情報》

※研究助成への応募を希望される方は、申請期限の2週間前までに研究連携課研究連携チーム(内線:3669)へご連絡ください。

公募名/助成団体 対象分野・テーマ等 申請締切
助成金応募の案内/公益財団法人マリア財団 助成対象
・幼児・児童教育等に関する研究・実践を行っている個人・団体
・原則として日本国内で研究・実践を行っている者
・過去にこの助成を受けていない者
申請者は、政府・民間の機関、団体または個人のいかんを問わないものとする。ただし、同一の研究について他の財団の助成金等を受けていないことを原則とする。
2020年9月1日~2020年12月日31日
脳情報通信に関する国際共同研究開発の公募(第4回)/国立研究開発法人情報通信研究機構 この研究開発は、CRCNSと呼ぶ国際(米国、ドイツ、フランス、イスラエル、日本、スペイン)共同研究フレームワークの下で実施するもので、本公募における研究開発体制は、米国の研究機関の参加が必須条件となり、日本と米国に加え、フランス及びイスラエルの研究機関を含めることが可能です(ドイツ、スペインを含めることはできません)。
 日米連携を軸とした国際共同研究に取り組むことで、脳情報通信の分野における研究開発力の強化や効率的な研究の推進を目指します。
 日本の研究機関は本公募によってNICTに応募し、米国の研究機関はNSFの公募に応募することになります。NICTとNSFの双方への応募が必須となりますので、ご注意願います。また、フランスの研究機関を含める場合にはフランスの研究機関はANR(Agence Nationale de la Recherche)に、イスラエルの研究機関を含める場合にはイスラエルの研究機関はBSF(United States-Israel Binational Science Foundation)に応募する必要があります。
応募予定の方は、事前に下記担当までご連絡ください。
研究連携課 研究連携チーム【Tel:025-521-3669  E-mail:kensien@juen.ac.jp】
2020年9月11日~2020年12月14日
第43回研究助成事業の案内/公益財団法人日本板硝子材料工学助成会 1.助成の対象
 主として、無機の固体材料並びに関連材料の科学と技術の研究。
 例えば、ガラス・セラミックス等のバルク・薄膜あるいはナノレベルのハイブリッド構造で、フォトニクス、エレクトロニクス、医用、環境、省エネルギー、各種構造材等に用いる材料(複合材料を含む)に関する基礎研究および応用研究。(注:純粋な金属は含みません。)
2.助成金額(件数)
 総額 4000万円程度(40件程度、1件120万円以下)
 助成対象となる費用は、研究に直接必要な経費であり、研究者本人及び共同研究者の人件費、研究者が所属する組織の間接経費・管理経費・共通経費、汎用性のある事務機器は対象外です。
  上記助成件数のうち、独創性に富む萌芽的な研究は「継続助成」として選考することがあります。
  継続研究(1~2件)に選ばれた場合は、1年後、評価の上、令和4年度(2022年度)も1件120万円以下の助成金を贈呈します。
2020年8月1日~2020年12月10日
2020年度下半期 研究調査助成 公募情報/公益財団法人電気通信普及財団 助成の対象分野
情報通信の利用を促進し情報社会の進展に寄与するために行われる研究調査
① 情報通信に関する法律、経済、社会、文化等の人文・社会科学分野における研究調査
② 情報通信に関する技術分野における研究調査
③ 情報通信に関する人文・社会科学分野及び技術分野の両分野にわたる研究調査
2020年9月7日~2020年11月日30日
2020年度11月期シンポジウム開催援助 公募情報/公益財団法人電気通信普及財団 援助対象
情報通信の研究、普及・振興に関して学術的に寄与する会議等
2020年9月7日~2020年11月日30日
2020年度海外渡航旅費援助(通年募集)/公益財団法人電気通信普及財団  援助対象とする海外渡航
・申込者が中心となって行った情報通信に関する研究について、海外で開催される国際会議などに出席し発表する場合
・ 海外で開催される国際会議などにおいてセッション等の議長若しくはパネリストあるいはプログラム委員会メンバーとして会議に参加する場合
・海外における情報通信に関する国際機関が主催する会議での討議に参加する場合
通年募集(2ヶ月に1回審査)
第14回[「資生堂女性研究者サイエンスグラント」募集/株式会社資生堂 趣旨:優秀な女性研究者の研究活動を支援することにより、指導的女性研究者の育成に貢献します。
対象分野:自然科学分野(理工科学分野、生命科学分野いずれもご応募いただけます)
なお、界面・コロイド化学の応募を積極的に歓迎します。
助成金額・件数:100万円/1件、最大10件まで (年間総額1,000万円)
助成期間:1年間 (第14回:2021年6月~2022年5月)
助成金の使途:研究費用(試薬代、機器代など)のほか、研究補助員の雇用費用にも充当可 ※但し、動物実験に関わる費用は除く
応募資格:助成対象期間中に日本国内の大学・公的研究機関で、自然科学分野の研究に従事する女性研究者。
※年齢、国籍は問わない。
※推薦者不要。自由応募による完全公募制。
※応募時、すでに指導的役割を担われている研究者(教授等)、大学院生・学生、企業に所属する研究者は 除く 。
※当グラントへの応募回数の制限はなし(何度でも応募可能)
2020年9月15日~2020年11月16日
第43回(2021年度)公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究募集/公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団 学術研究テーマ
第一部 課題学術研究
①「暑熱環境下における快適性を実現する手法に関する研究」
②「運動時におけるウエアの快適性実現の手法、あるいは快適性を定量化する新たな手法や指標に関する研究」
③「運動後のリカバリーに有効なクールダウンを実現する手法に関する研究」
④「運動時におけるウエアに関するシミュレーションシステムの構築」
第二部 自由課題学術研究
本財団の主旨に添ったものであり、申請者がこれまで行ってきた研究を助成することによって、調査・研究の発展・充実が期待されるものであること。
2020年11月6日
公益信託「福原記念英米文学研究助成基金」募集/三菱UFJ信託銀行株式会社 本基金は、故福原雛惠氏(故福原麟太郎氏夫人)の遺言に基づき、若手・中堅の英米文学研究者を助成し、もって英米文学研究の振興発展に寄与することを目的として設定したものです。
受給者は、公益信託福原記念英米文学研究助成基金給付規定に基づき、運営委員会の選考を経て決定されます。
(1)応募の資格
 日本において、英米文学の研究に従事している若手・中堅研究者。
(2)助成金額
研究助成 120万円 (一人当たり 40万円)
出版助成 100万円 (一人当たり 100万円)
委任経理とする場合、助成金による間接経費の支払いはできません。※詳細は左のリンクをご確認下さい。
2020年10月31日
2021年度新規委託研究の公募/国立研究開発法人情報通信研究機構 公募予定の研究開発課題
ウイルス等感染症対策に資する情報通信技術の研究開発
・概要:新型コロナウイルス感染症の流行が世界各地で発生し、大きな問題となっているが、現時点においては、ワクチンや特効薬は普及しておらず、これまでとは異なる“新しい生活様式”の導入を余儀なくされている。一方、この“新しい生活様式”においては、ソーシャルディスタンシングや3密回避等、これまでの資源の集中配置による効率性の追求とは相反するため、様々な社会的、経済的課題が表面化している。さらに、将来、別の病原体による同様の世界的な感染爆発、いわゆるパンデミックが発生する可能性は十分にあり、パンデミック対策へのICTの貢献は重要となる。このような状況において、本委託研究では、A)ウイルス等感染症により発生するパンデミック対策に資するICT、B)新型コロナウイルス感染症対策“新しい生活様式”を実現するためのICT、C)アフターコロナ社会を形成するICT、の3課題について、課題提案型の研究開発を実施する。
公募開始時期2020年10月初旬を予定
2021年度日本万国博覧会記念基金助成事業の募集/公益財団法人関西・大阪21世紀協会 助成の対象となる事業
万博の成功を記念するにふさわしく、「日本万国博開催の意図」に適った次の活動を対象としています。
国際相互理解の促進に資する活動
① 国際文化交流、国際親善に寄与する活動
・国際交流に寄与する活動
・国際協力に寄与する活動
② 教育・学術に関する国際的な活動
・教育に関する国際的な活動
・学術に関する国際的な活動
また、以下の項目に該当する事業を優先的に採択します。
・2025 年大阪・関西万博の成功に貢献すべく、2025 年万博に向け、1970 年万博の理念を継承・発展させ、新たな時代の価値創造へとつなぐ活動
・SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」のターゲット 4.1~4.7 に該当する活動
団体として、申し込む必要がありますので、希望される方は研究連携課までご連絡ください。
研究連携課 研究連携チーム【Tel:025-521-3669  E-mail:kensien@juen.ac.jp】
2020年10月1日~2020年10月31日
2021(令和3)年度「国際学術共同研究助成」募集/公益財団法人平和中島財団 1.趣旨
国際的に優れた研究を、国際共同研究として推進するもの(国際研究集会、シンポジウム、セミナー、学会、講演会等の会議の開催及び参加を除く。)に対して助成を行う。
2.応募資格
我が国の大学(含、大学院大学)・大学共同利用機関の研究者及び海外の大学・研究機関等の研究者からなる共同研究グループとする。
申し込みは研究代表者(我が国の常勤研究者)が行う。
(注)共同研究者に海外の大学・研究機関等の研究者が含まれていないものは対象とならない。
3.対象分野
対象分野は、特に限定しないが、学際的な組織で行われる研究が望ましい。
2020年9月1日~2020年10月31日
2021(令和3)年度「アジア地域重点学術研究助成」募集/公益財団法人平和中島財団 1.趣旨
我が国及びアジア地域の大学・研究機関等の研究者からなる、アジア地域に関する学術の共同研究(国際研究集会、シンポジウム、セミナー、学会、講演会等の会議の開催及び参加を除く。)に対して助成を行う。
2.応募資格
我が国の大学(含、大学院大学)・大学共同利用機関の研究者及びアジア地域の大学・研究機関等の研究者からなる共同研究グループとする。
申し込みは研究代表者(我が国の常勤研究者)が行う。
(注)共同研究者にアジア地域の大学・研究機関等の研究者が含まれていないものは対象とならない。
3.対象分野
対象分野は、アジア地域(中近東、シベリア等を含む。)に関するものであれば特に限定しない。
(注)研究の対象がアジア地域に関するものでないものは、助成の対象とならない。
2020年9月1日~2020年10月31日
第16回児童教育実践についての研究助成/公益財団法人 博報堂教育財団 1.対象となる研究
「ことばの力」を育む研究
・国語・日本語教育の諸分野における研究
・あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究
児童教育実践の質を向上させる研究
・多様な場における教育実践の質を向上させる研究
※対象は小・中学生となります。
 ただし、児童教育への反映が明確な場合に限り、幼児教育、高校生に関する研究も可とします。
2.応募資格
・日本の学校・教育委員会に所属する教育実践に携わる方(例えば教諭、指導主事、相談員、特別支援教育の支援員等。)
・日本の大学・研究機関に所属する研究者(例えば准教授、講師、助教、博士課程の院生等。若手支援のため、教授やそれに相当する職は除く。)
※常勤・非常勤、年齢、国籍、学位は不問(ただし、学生の場合は修士号取得以上とする。)
※応募に際しては、所属長あるいは指導教官からの推薦が必要です。
3.応募方法
第16回WEB応募受付中です。応募要項をご確認の上、「研究助成マイページ」からご応募ください。
応募要項をご確認の上、「研究助成マイページ」からご応募ください。
2020年7月1日~2020年10月31日
2020年度「学術研究助成」の募集/公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団 1 助成の目的
この助成は、米麦その他主要食糧等を原料とする食品の生産・加工・流通並びに食品科学等に関する研究を行う研究者及び研究グループに対し、研究助成金を交付し、研究等の推進を通じて食生活・食文化の向上、健康の増進及び食品産業の発展に寄与することを目的とします。
2 助成の対象
(1)研究分野
米麦その他の主要食糧等を原料とする食品に係る食品科学等の研究領域で以下に具体的な研究分野を例示します。
・ 生産・加工
・ 成分分析
・ 食品の機能・栄養
・ 安全・衛生、保存・貯蔵
・ 物性、品質、調理
・ 食品素材として利用される乳、卵、豆など及びそれらの成分の研究
・ 食品素材として利用される澱粉・多糖類、油脂の研究
・ 食品製造に利用される発酵・微生物の研究
・ 食品科学との学際的研究など
2020年9月1日~2020年10月20日
助成金・補助金応募の案内/公益財団法人 科学技術融合振興財団 助成事業の対象
研究課題A
シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
・国際関係、地域計画、都市計画、まちづくりなど社会システム領域におけるシミュレーション&ゲーミング研究
・ビジネスゲーム等の「経済・経営」に関するシミュレーション&ゲーミング研究
・集団意思決定、問題の解決、政策評価などを支援するシミュレーション&ゲーミング研究
・協働・協調作業、組織学習などを支援するシミュレーション&ゲーミング研究
・異文化理解、自己実現、課題発見のためのシミュレーション&ゲーミング研究
・その他シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
研究課題B
・情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作
(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)
・社会に役立つシリアスゲームの調査研究
2020年10月15日
第32回名古屋大学出版会学術図書刊行助成の案内/一般財団法人名古屋大学出版会 刊行助成の応募要領
1. 対 象
中部11県(愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、静岡県、長野県、福井県、石川県、富山県、新潟県、山梨県)の大学に、在職するかそれに準ずる研究の優れた学術的研究成果で、日本語による個人著作。
2. 選 定
本会理事会がひろく各方面の意見を徴したうえで、助成を決定します。
3. 応募方法
「刊行助成申込書」を小会HPよりダウンロードして必要事項をご記入のうえ、候補原稿のコピーとともにご送付ください。なお。審査の都合上、原稿のコピーは糊づけせずにバインダーやフラットファイルに綴じるか、クリップで留めるなど、読みやすい体裁にてご提出ください(原稿のコピーは返却いたしません)。
4. 原稿枚数
400字換算で400~800枚(16万~32万字)
2020年9月30日
「リオ ティント日豪共同研究助成金プログラム」の助成金プロジェクトの募集/日豪研究交流基金(FAJS) 優先分野
FAJSは、日本とオーストラリアの幅広い潜在的研究パートナーシップが構築されることに期待を寄せています。以下の広範な分野でのプロジェクトに特に関心が寄せられています。
• 素材およびエネルギーに関する技術・システム
• コンピューター、デジタル、AIの応用および開発
• 食物、海洋、農業に関する科学技術
• 医療科学・技術
• 社会および物理的インフラ
他の分野に関する提案についても検討を行います。業界が発見した実用的な問題あるいは産学連携の共同研究を通して生じた研究課題に関する提案を FAJS は特に評価します。
2020年8月31日~2020年9月30日
人工知能に関する研究助成の募集/公益財団法人 人工知能研究振興財団 応募者の要件
人工知能(知能ロボット、インテリジェントシステム、機械翻訳、音声理解、画像理解、知的CAI等)に関する調査、 研究及び開発(以下「研究」という)並びに人工知能関連技術(人工知能を活用した情報処理技術・情報通信技術等を含む)の 高度化に関する研究を行う、企業・教育研究機関・その他研究組織の研究グループ、個人が対象となります。
研究対象テーマ
人工知能及び関連技術分野(人工知能を活用した情報処理技術、情報通信技術等)の高度化に関する調査、 研究及び開発(以下「研究」という)であって、次の各号に掲げるものとします。
①産業・環境分野における技術高度化並びに生産性改善のための人工知能及びその利用技術に関する研究
②医療・介護・教育・経済・法律等の知的支援に関する研究
③画像・音声理解、ヒューマンインターフェイス、エンターテイメント、感性情報処理の高度化に関する研究
④ロボットの感覚・運動・思考・知能・感情・インタラクション等に関する研究
⑤インターネット・IoT・モバイルシステムの知的で安全な利用法に関する研究
⑥その他、人工知能の基礎及びその利用技術等に関する研究
助成金の額
1テーマにつき、100万円を限度とします。
2020年7月1日~2020年9月30日
ユニフォーム基礎研究助成事業公募/公益財団法人日本ユニフォームセンター 募集テーマ
A)人工知能(AI)技術を用いた新しいユニフォームに関する研究
B)非接触型技術などの新しい身体測定に関する研究
C)ユニフォームの本人認証・物流管理、効率化の為のRFIDタグ活用に関する研究
D)防災・セキュリティに関連するユニフォームの研究
E)高視認性安全服、熱中症対策ユニフォームに関わる研究
F)職場における女性活躍促進などに関するユニフォームの調査研究
G)ユニフォームの国内縫製の実態調査
H)ユニフォーム各分野の市場調査研究
I)諸外国におけるユニフォームの調査
随時募集(申請から可否の決定まで3ヶ月程度)

このページは上越教育大学/研究連携課が管理しています。(最終更新:2020年09月25日)

このページの先頭へ戻る

サイトマップを開く