ホーム  >  大学紹介  >  教育研究  >  研究助成等の公募情報

大学紹介

研究助成等に係る公募情報

《研究助成検索関連リンク》
※外部リンク情報の利用にあたっては、各サイトの利用規約を事前にご確認の上、ご利用ください。

JFC公益財団法人助成財団センター
各財団等の公募情報が入手かできます。

コラボリー/Grants(研究助成)|研究者のための研究助成情報
研究開発に関する助成・奨学金や研究・調査委託情報を研究者に提供するポータルです。国・民間助成団体等の公募情報・採択実績をワンストップで検索できます。検索条件を登録することで、自動的にメール連絡を受けることも可能です。

e-GRANT研究資金情報|キーエンス
官公庁や財団など各機関が実施する競争的資金の公募情報を公開しています。新着情報をメール配信するサービスも実施中。助成金カレンダーもダウンロード可能です。

グラント・スクエア研究開発の助成金、奨学金ポータルサイト
財団など各機関が実施する助成の公募情報がシンプルなHPに掲載されています。目的の助成金の公募開始時に連絡が届くサービスもあり、採択実績からの検索も可能です。

リバネス研究費
40歳以下の若手研究者(ポスドク、大学院生含む)を対象とする、産業界と連携した民間設置型の研究助成です。

《本学宛に研究助成団体から届いている公募情報》
※申請を希望される方は,申請期限の2週間前までに研究連携課研究連携チーム(内線:3615)へご連絡ください。

公募名/助成団体 対象分野・テーマ等 申請締切
2020年度実践的研究助成公募開始/公益財団法人日本生命財団 1.児童・少年の健全育成実践的研究助成の趣旨
「子ども」は多様性の存在であり、人も家庭も学校園も地域社会も、およそ世の多様であることを受入れ、その多様を尊ぶことで、自らの成長、成熟も遂げていくのではないでしょうか。一方、今、かつて子どもを育んできた「家族」や「社会」のパラダイム(見方・考え方を支配する枠組)そのものが、著しく変容しつつあると思われます。こうした変容も冷静に踏まえ、多様性ある子どもの「真のウェルビーイング」のあり方について研究し、現実の家庭・学校園・地域社会において、その成果の実践、社会実装の探求を進める研究に対して助成を行います。
2.重点募集分野
本助成は「実践的研究助成」と称し、研究者と実践家が協働して、現場の実践をベースにして実践に役立つ成果をあげるための研究を対象とします。特に、「重点募集分野」として定められた領域に対する課題を明確にした研究が対象となります。(詳細は募集要項を参照ください)
第1分野:健全育成のための教育、周到な準備を図る分野(教育、予防的対処等を図る分野)
第2分野:健全育成にとって喫緊の対応を要する分野(療育的対処等を要する分野)
2020年3月16日
2020年度「国際学会への助成」事業の公募/公益財団法人インテリジェント・コスモス学術振興財団 事業の目的
国際的研究交流を東北地域全体において促進し、科学技術の発展と独創的学問の進歩向上に寄与するため、財団法人インテリジェント・コスモス学術振興財団では、東北地域における各種国際学会の開催に対し、助成を行う。
2020年1月10日
2020年度「乳の学術連合」学術研究「食と教育」学術研究の公募/一般社団法人Jミルク 募集研究テーマ
(1)特定研究
1.「乳」に係る教育プログラムの開発と検証研究
2.「乳」の生産・製造・流通等に係る教育的プログラムの開発と検証研究
3.SDGs達成に求められる資質・能力の考察とそれに係る「乳」の教育的プログラム開発と検証研究
4.「乳」に関わる学校給食の教育的意義や栄養的・文化的価値に関する研究
(2) 一般研究
5.「乳」に関する教育的視点からの研究
2019年12月31日
2020年度「乳の学術連合」学術研究「乳の社会文化」学術研究の公募/一般社団法人Jミルク 募集研究テーマ
(1)特定研究
1.牛乳乳製品の価値創造
2.牛乳乳製品の食生活への受容
3.次世代酪農の可能性
4.持続可能な開発目標(SDGs)の達成への日本酪農の貢献
(2)一般研究
5.乳及び酪農乳業に関する社会的・文化的視点からの研究
2019年12月31日
2020年度「乳の学術連合」学術研究「牛乳乳製品健康科学」学術研究の公募/一般社団法人Jミルク 募集研究テーマ
1.牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究
2.牛乳乳製品が加齢に伴う栄養代謝に及ぼす影響に関する研究
3.牛乳乳製品に関わる新規探索研究
2019年12月31日
2020年度日本奥山学会研究助成募集/日本奥山学会 奥山の保全・再生に有益な研究・活動等(奥山生態系、林業、水源、鳥獣対策、奥山利用の歴史、法整備、文学、災害等)に携わる学部生・院生など主に若い研究者に対して助成を行う事業です。
助成要件
(1)助成の趣旨
個人・団体が、奥山研究分野の向上発展に寄与する有益な研究・活動等を対象とします。
(2)助成の対象にならないもの
① 営利目的、または営利につながる可能性の大きいもの
② 他の機関からの委託によるもの
③ 既に終了しているもの
④ 自己の財源で十分に研究・活動ができるもの
(3)募集対象
奥山*に関する研究を実践している個人または団体
*奥山:人里をはなれた奥深い山。深山。
① 応募者が計画の推進に責任を持ち、助成金の管理及び報告を行うことを条件とします。
②2021 年 3 月 31 日までに完了する研究・活動等とします。
2019年12月27日
第42回研究助成の案内/公益財団法人日本板硝子材料工学助成会 助成の対象
主として、無機の固体材料並びに関連材料の科学と技術の研究。
例えば、ガラス・セラミックス等のバルク・薄膜あるいはナノレベルのハイブリッド構造で、フォトニクス、エレクトロニクス、医用、環境、省エネルギー、各種構造材等に用いる材料(複合材料を含む)に関する基礎研究および応用研究。(注:純粋な金属は含みません。)
2019年12月10日
2019年度研究調査助成等の公募/公益財団法人電気通信普及財団 募集タイトル
1.2019年度研究調査助成(通常枠)
2.財団設立35周年記念・研究調査助成(別枠)
3.シンポジウム・セミナー等開催援助(学術分野)(2019年度11月期)
4.シンポジウム・セミナー等開催援助(社会貢献分野)(2019年度11月期)
5.ネット社会課題対応援助(2019年度)
6.国際交流人材育成援助(2019年度)
2019年12月2日
2020年度TASC助成研究募集/公益財団法人たばこ総合研究センター 研究助成の対象となる研究テーマ
1.嗜好品、あるいは嗜好品に関連する産業や企業に関する歴史・文化等の研究
2.嗜好品の摂取・利用が、人間の心理・行動・価値観・欲求・健康観・幸福感、あるいは社会に与える影響の研究
3.上記1、2以外の人文科学・社会科学の分野における嗜好品に関する研究
2019年12月2日
物流研究助成の募集/公益財団法人SBS鎌田財団 ①助成の趣旨(目的)
当財団は、物流分野の発展と振興に資するため必要な研究を行うものに対し、研究並
びに研究集会等の助成を行い、もって産業全体の発展と国民生活の向上に寄与するこ
とによる社会貢献を目的とするものです。

②助成の対象となる研究等
物流の振興・発展に資する①学術研究②研究集会、シンポジウム、セミナー等の開催を
対象とします。
※学術研究のテーマの例としては、物流の効率化を進める取り組み・貨物輸送の安全
向上を図る取り組み・物流の仕組みの改善を通じて地球環境負荷の低減(CO2排出の
削減)を図る取り組み等が挙げられます。

③助成の対象者
大学・大学院・その他研究機関に在籍し、物流分野に係る研究活動に従事する個人ま
たは団体を対象とします。
2019年11月30日
助成金応募の案内/公益財団法人マリア財団 助成対象
(1) 幼児・児童教育等に関する研究・実践を行っている個人・団体
(2) 原則として日本国内で研究・実践を行っている者
(3) 過去にこの助成を受けていない者
申請者は、政府・民間の機関、団体または個人のいかんを問わないものとする。
ただし、同一の研究について他の財団の助成金等を受けていないことを原則とする。
2019年11月30日
第13回 資生堂女性研究者サイエンスグラント募集/株式会社資生堂 対象分野
自然科学分野(理工科学分野、生命科学分野いずれもご応募いただけます)
なお、界面・コロイド化学の応募を積極的に歓迎します。
応募資格
助成対象期間中に日本国内の大学・公的研究機関で、自然科学分野の研究に従事する女性研究者。
※年齢、国籍は問わない。
※推薦者不要。自由応募による完全公募制。
※応募時、すでに指導的役割を担われている研究者(教授等)、大学院生・学生、企業に所属する研究者は 除く。
※当グラントへの応募回数の制限はなし(何度でも応募可能)
2019年11月15日
第42回(2020年度)公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究募集/公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団 応募資格
①体育学、健康科学、人間工学、被服科学、運動施設工学等健康の増進と体力の向上に関わる学術、およびその他スポーツ振興に寄与する学術研究に関する講座を持った大学、およびこれに準ずる研究機関に所属する個人またはグループ。
②高校生から幼児までの教育機関に奉職しており、①に前述した分野で研究または調査活動を積極的に行っている個人またはグループ。
この場合、運動生理学的研究でなくとも、あくまで教育現場に於ける身近なテーマで、すぐにも役立つ研究テーマを求めている。
但し、研究報告等に不慣れな人は、報告書作成に習熟した人を共同研究者に加えて申請のこと。
2019年11月8日
2020年度(第14期生)助成対象者(体験分野)/公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団 応募資格
アドバンスト:世界選手権など国際レベルでの実績を有する、中学3年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体
ベーシック:世界選手権など国際レベルを目指す、中学3年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体
ジュニア:ジュニア世代の国際大会での実績を有する、中学1年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体
2019年10月31日
2020年度(第14期生)助成対象者(研究分野)/公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団 応募資格
基本:助成期間中、大学や研究機関等で研究職として活動に従事する、満40歳未満(応募時)の方。国籍は問いません。
※教授職または教授職相当の職位の方は除きます。
奨励:助成期間中、大学院博士課程(博士後期課程)に在籍中または修了した方(学位未修得者を含む)のうち、満30歳未満(応募時)の方。国籍は問いません。
2019年10月31日
2020(令和2)年度研究助成「国際学術共同研究助成」/公益財団法人平和中島財団 1.趣旨
国際的に優れた研究を、国際共同研究として推進するもの(国際研究集会、シンポジウム、セミナー、学会、講演会等の会議の開催及び参加を除く。)に対して助成を行う。
2.応募資格
我が国の大学(含、大学院大学)・大学共同利用期間の研究者及び海外の大学、研究機関等の研究者からなる共同研究グループとする。
申込みは研究代表者(我が国の常勤研究者)が行う。
(注)共同研究者に海外の大学・研究機関等の研究者が含まれていないものは対象とならない。
3.対象分野
対象分野は特に限定しないが、学際的な組織で行われる研究が望ましい。
2019年10月31日
2020(令和2)年度研究助成「アジア地域重点学術研究助成」/公益財団法人平和中島財団 1.趣旨
我が国及びアジア地域の大学・研究機関等の研究者からなる、アジア地域に関する学術の共同研究(国際研究集会、シンポジウム、セミナー、学会、講演会等の会議の開催及び参加を除く。)に対して助成を行う。
2.応募資格
我が国の大学(含、大学院大学)・大学共同利用期間の研究者及びアジア地域の大学、研究機関等の研究者からなる共同研究グループとする。
申込みは研究代表者(我が国の常勤研究者)が行う。
(注)共同研究者にアジア地域の大学・研究機関等の研究者が含まれていないものは対象とならない。
3.対象分野
対象分野は、アジア地域(中近東、シベリア等を含む。)に関するものであれば特に限定しない。
(注)研究の対象がアジア地域に関するものでないものは、助成の対象とならない。
2019年10月31日
第15回児童教育実践についての研究助成/公益財団法人博報児童教育振興会 対象となる研究
「ことばの力」を育む研究
・国語・日本語教育の諸分野における研究
・あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究
児童教育実践の質を向上させる研究
・多様な場における教育実践の質を向上させる研究
※対象は小・中学生となります。
ただし、児童教育への反映が明確な場合に限り、幼児教育、高校生に関する研究も可とします。
2019年10月31日
公益信託「福原記念英米文学研究助成基金」募集/公益信託福原記念英米文学研究助成基金受託者三菱UFJ信託銀行株式会社 (1)応募の資格
日本において、英米文学の研究に従事している若手・中堅研究者。
(2)助成金額
研究助成 120万円 (一人当たり 40万円)
出版助成 100万円 (一人当たり 100万円)
2019年10月31日
2019年度「学術研究助成」の募集/公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団 1 助成の目的
この助成は、米麦その他主要食糧等を原料とする食品の生産・加工・流通並びに食品科学等に関する研究を行う研究者及び研究グループに対し、研究助成金を交付し、研究等の推進を通じて食生活・食文化の向上、健康の増進及び食品産業の発展に寄与することを目的とします。
2 助成の対象
(1)研究分野
米麦その他の主要食糧等を原料とする食品に係る食品科学等の研究領域で以下に具体的な研究分野を例示します。
・ 生産・加工
・ 成分分析
・ 食品の機能・栄養
・ 安全・衛生、保存・貯蔵
・ 物性、品質、調理
・ 食品素材として利用される乳、卵、豆など及びそれらの成分の研究
・ 食品素材として利用される澱粉・多糖類、油脂の研究
・ 食品製造に利用される発酵・微生物の研究
・ 食品科学との学際的研究など
(2)研究者、研究グループ
日本国内の大学、短期大学、高等専門学校及び公的研究機関において食品に関する研究を行う研究者及び研究グループ。大学院及び学部の学生、研究生並びに企業所属の研究者は募集対象といたしません。
2019年10月21日
助成研究の募集/公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団 研究助成の対象分野
ゲームの分野の研究を助成する「助成研究 A」、人間と遊びに関する研究を助成する「助成研究 B」及びゲームに関する「国際交流(参加)」を助成対象の 3 分野とします。
2019年10月15日
調査研究の募集/公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団 一般の皆様から応募していただいて入賞した「夢のゲーム」研究アイデアを基に選定した研究課題の研究実施者を募集します。募集対象者は国内の大学院、短大、高専、専門学校及び非営利の研究機関等に所属する研究者(博士後期課程を含む)又はこれらの機関に所属する研究者を代表者とする研究グループとします。応募者は、研究課題や課題設定の背景及び受賞作品の表現や発想などを基にしながら、新たな創意を自由に加えて、独創性に優れたご自身の作品として応募いただくことを歓迎します。
審査の結果採用されたものは、当財団が費用を負担して、募集する年の翌年度に実施する調査研究として、研究者の皆様に委託して研究していただくものです。
研究者の皆様のこの課題に対する挑戦をお待ちしています。
2019年10月15日
2019年度助成金・補助金応募の案内/公益財団法人科学技術融合振興財団 助成事業の対象
研究課題A■シミュレーション& ゲーミングに関する調査研究
研究課題B①情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
補助金事業の対象
研究課題C■シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究
2019年10月15日
ユニフォーム基礎研究助成事業公募/公益財団法人日本ユニフォームセンター 募集テーマ
A)人工知能(AI)技術を用いた新しいユニフォームに関する研究
B)非接触型技術などの新しい身体測定に関する研究
C)ユニフォームの本人認証・物流管理、効率化の為のRFIDタグ活用に関する研究
D)防災・セキュリティに関連するユニフォームの研究
E)高視認性安全服、熱中症対策ユニフォームに関わる研究
F)職場における女性活躍促進などに関するユニフォームの調査研究
G)ユニフォームの国内縫製の実態調査
H)ユニフォーム各分野の市場調査研究
I)諸外国におけるユニフォームの調査
随時募集(申請から可否の決定まで3ヶ月程度)

このページは上越教育大学/研究連携課が管理しています。(最終更新:2019年10月11日)

このページの先頭へ戻る